【事務所通信バックナンバー】

FX2ユーザーの声―その4

 弊社は、平成7年創業、社員5人アルバイト2名、計7名の個人会社です。荻原会計さんとは、平成7年11月1日翌年の3月確定申告が迫ってきた折ちょうど信号待ちをしていた時荻原会計事務所さんの外の看板に〔会社設立相談他〕という字が、目に飛び込んできました。会社設立なんてはじめてで右も左もわからなくて困っていたその時ここに相談してみようと思い事務所を訪れたのがはじまりでした。その時から今にわたって事務以外わからないことも何でも相談にのっていただいております。

 はじめはパソコンを持っていなかったのでTKC専用の帳票でしていました。パソコンを購入してからコンピュータ会計をすすめられたのですが、ものすごく不安でした。パソコンなんてまったく触れたことがなかったものですから当然のことです。

 それが今は信じられないくらい、書類がつくれるようになったり、文章がすらすら打てるようになったりとはじめは、どうなることかとおもいましたが、荻原会計事務所さんの親切で、熱心な監査のおかげで今では、スムーズに事務仕事はもとより、地域や、学校関係の書類を作るのに大幅に役にたっています。

 また、自己資金のない私ども小さな会社では、銀行融資を受けるというのは、たいへんなことです。しかし、会計事務所で、コンピュータ会計をするようになってから、銀行融資担当の方は、担当の人が変わっても同じことを必ず言います。

 『コンピュータ会計で管理されているところは、本当に信頼または信用性があります。融資を受けるときに本当に有利です』と、この言葉を聞いたとき本当にコンピュータ会計にしてよかったなと心からそう思いました。これからも、幅広くいろいろなことをとりいれていけるよう努力していきたいと思います。

 

 自計化の利点を考え、企業の方にコンピュータ導入をお薦めしますが、人は誰でも新しいことには不安を覚えるものですし、きのうまでと同じことをやっていたほうがなんといっても楽です。しかし、そのような中、自計化を決意してくださったことに感謝し、一日も早く「自計化して良かった!」と思っていただける日が来るよう精一杯援助させていただきたいと思っております。今回原稿をお寄せいただいた企業の方は、こちらがご助言申し上げたことは、次回確認すると完璧にこなしていらっしゃるので、とても張り合いがあります。と同時にこちらも有意義なアドバイスができるようにと身の引き締まる思いです。

(2004/07/21・荻原幸子)