【事務所通信バックナンバー】

リスク

 車を運転される方々は1度や2度は「ハッ!」とされた経験をお持ちだと思います。企業経営者の方々においても同じく経営上、「ハッ!」としたことはございませんか。このネットワークにおいても何度も書いてきましたが、企業を取り巻くリスクというものは大変多く存在しています。先日、リスクマネジメントプランナーの初級の研修を受けて参りました。その研修の中で、リスクマネジメントの必要性を再確認しましたので、この機会にもう一度、関与先様へお伝えしようと思います。

 リスマネが必要とされてきたのは、社会的背景があります。様々な災害・事件・事故の多発。社会環境の変化。ルールの変化。コミュニティ(共同体)の崩壊。などが挙げられます。災害といえば先日の新潟での豪雨災害がありました。あの災害が、自らがまた自らの会社が受けたならば、どのようなことになってしまうか、どのように対処すればよいか、対応は十分でしょうか?「リスク」の定義としてはもっぱら「危険」として使われることが多いのですが、正しくは「予想とのかい離」だそうです。わかりやすくいえば、「損失発生の(もしくは予定していた利益を得られない)可能性」となるそうです。また、リスクの分類としては大きく2つに分けられます。

  1. 純粋リスク…損失のみを発生させるリスク
    • →火災・地震・水害・自動車事故・労働災害・病気・テロなど
  2. 投機的リスク…利益又は損失を発生させるリスク
    • →為替変動・インフレ・デフレ・法律改正・新商品開発など
     

 また実務上、リスクの受け手や事象によって、下記のような分類となります。

(企業リスク)

  1. 経営リスク
    • 法的リスク…不法行為・債務不履行・詐欺・横領・役員賠償・PL・知的財産権侵害・独禁法違反など
      労務リスク…労働災害・セクハラ・差別・役員や従業員の不祥事・労働争議・情報や技術の流用など
      財務リスク…資金調達・資金運用・取引金融機関の破綻・M&A・時価会計・退職給付会計など
  2. 災害・事故リスク
    • 自然災害リスク…地震・台風・水害・落雷・噴火など
      事故リスク…施設の焼失や爆発・交通事故・労災事故・コンピュータウイルスなど
  3. 政治・経済・社会
    • 政治リスク…法律改正・税制改正・政権交代・政策の変更・国交停止・戦争・内乱など
      経済リスク…景気変動・金利変動・為替変動・地価変動など
      社会リスク…市場ニーズの変化・インターネットによる風評被害・不買運動・消費者運動・企業テロなど

 多くのリスクが企業を取り巻いております。どれほど、どういった形で対応ができているか今一度見直してみてはいかがでしょうか?監査担当者からも監査を通じて、対応させていただきますし、リスマネ問診票を利用しての対応もしていく予定です。

〈参考・引用文献〉TKC全国会リスクマネジメントプランナー初級編テキスト

(2004/07/21・**退職者による記事**)