【事務所通信バックナンバー】

主婦Aインターネットをつなぐの記

 今月は、インターネット接続に踏み切ったAさんの手記を紹介します。


 2004年4月。夫の「そろそろ家もインターネットをはじめようか」の一言で、www(world wide web)の世界に突入すべく行動開始。最近の生活の中でインターネットや電子メールのない生活というものに出遅れを感じていたので、感動を持ってこの手続きにあたる。何をどうしたらよいかわからず、折りしも春先から頻繁にはいってきていたNTT東日本の折込広告を頼りに手探り状態で突き進む。

4月4日 116へ電話。FLET’S ADSL 、B FLET’Sについて説明を受ける。
  • ADSL…一般電話回線を使って高速かつ定額制でインターネットに接続
  • B FLET’S…光ファイバーを使い、ADSLより高速だが、接続エリアが限られるということで、当地はまだエリア外ということが判明。

 以上の説明よりADSLを選択。申し込み。

NTT東日本 フレッツ・ADSLモアU(24Mタイプ)
月単位の費用月額利用料約2,600円
モデムレンタル料約 514円
プロバイダ利用料約 735円
約3,849円
*3ケ月間は無料

初期費用契約料840円
工事料3,050円
4月9日 モデム 宅配便にて到着
4月12日 プロバイダーより通知到着
4月17日 初期設定 ソフトウェアのインストール、インターネットへ接続、ユーザー名・パスワードなどの登録
4月18日 利用開始
      

 このような日程で、我が家にもインターネット環境が整う。一昔前は、料金も従量課金制で、高額な通信費を払っていた人もいると聞くが、ひとまずこの料金にも安堵。設定もマニュアルがわかりやすかったので、無事クリア、ほっと一息。早速遠方の友人宛メールをと思いきや、主婦の悲しさ、なかなかコンピュータの前に座り込んでいる時間には恵まれないのでありました。   


 皆さん、いかがでしたか。インターネット環境というのも手軽に設定できるものですね。昨日の台風情報でも気象庁のホームページにアクセスした人が多くて一時不通になったということでしたが、このことからもインターネットの利用がいかに増えているかがよくわかります。ニュースなどでインターネットの世界の弊害がいろいろと伝えられ、痛ましい事件も耳にするところですが、情報化社会でもありますので、このような点には充分留意し、有効に使っていきたいものです。今月は一般の主婦Aさんの手記をご紹介いたしましたが、当事務所では、自計化していらっしゃる方にTKCインターネットサービスとして、@niftyをプロバイダとしたインターネット環境を整えるお手伝いをしております。興味をもたれた方はどうぞ事務所までお問い合わせください。

(2004/06/22・荻原幸子)