【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『生きる力がわいてくる生活習慣塾』

田中真澄著 『生きる力がわいてくる生活習慣塾』 ぱるす出版 平成16年1月25日 初版発行

 四月、新年度を迎え、新しい気持ちで意欲的に行動されている方も多いと思います。

 新年度にふさわしい本をということで、この本を選んでみました。

 この著者の著書をはじめて読んだのはかれこれ十年ほど前のことになります。そして講演のテープも繰り返し聞きました。あれから十年、良い生活習慣というテーマをどのくらい実践できたのだろうと思い返して見ると、とても情けなくなります。しかし、この本のテーマには次のようなものもあります。気を取り直して、実践につなげていきたいと考えます。

肯定語を多用し陽転思考(=物事を明るくとらえる考え方)の習慣を

 「楽天主義」天を楽しむとは、現在、自分が立っているところ、時を楽しむ、そこに打ち込む(=その場、そのときを生かす)こと、すなわち一生懸命に生きることを意味していると考えるべきです。そして世の中は確かにそうなっていることも知るべきです。  自分の選んだ仕事に誠心誠意打ち込んでいる人を観察してみてください。圧倒的に明るい人、すなわち楽天家が多いことにお気づきでしょう。どうしてそうなるかは、もうおわかりでしょう。一生懸命に頑張っている人を世間は見殺しにしません。必ず応援してくれます。
〜 第6章より引用 〜

 否定的な考え方をやめ、前向きに取り組んでいくことの重要性がよくわかります。私もまた今日から一歩、一歩取り組んでいきたいと思います。

そして、生活習慣ですが、知るとやるとは天地の差、という見出しとともに下記の項目があげられています。

良い生活習慣の基本法則

●人生戦略を明確に ●自己目標を立てる ●自己資源を有効活用 ●早起き ●歩く習慣 ●挨拶人間 ●正しい返事 ●整理整頓・後始末 ●毎朝の笑顔運動 ●陽転思考 ●肯定語主義 ●一点集中コツコツコツコツ ●メンター(師匠)に学ぶ ●生涯夫婦協業 ●話三分、聞き七部 ●質問力養成 ●アフターセールス ●足の裏的人間 ●地味に、コツコツ、泥臭く

 大切だとはわかっていても中々身につかない習慣が多くあります。この著書は、それらが豊富な引用によってたいへんわかいやすく書かれています。二宮尊徳の「積小為大」の例話、イチロー選手の自己目標の話、内村鑑三の『後世への最大遺物』、田中耕一氏の『「自分を活かす」術』、などなど感動的な例話がたくさんあります。また、なぜその習慣が身につかないのかの分析が細かくされているので自分で新たに取り組みを始める上でも参考になります。

 著者の田中真澄氏は社会教育家として講演・執筆に大活躍、「積極的に生きる〜人生は今日が始まり〜」と題した講演は六千回を超え、著書も六十五冊に上るということです。尚、この書籍には「実行力向上講演CD」がついているので、これから聴いてみたいと思っています。迎え来る十年後には、達成感をもてるように繰り返し、繰り返し。

(2004/04/20・荻原幸子)