【事務所通信バックナンバー】

困難がなければ何もわからない

 私達はマイナス条件や不合理な環境に直面すると、ついつい大変だということが先に立ってしまって、創意工夫しながらその状況を変えていこうとする方向を見落としてしまいます。

 不合理なものを合理的なものにしよう、マイナス状況をプラスにしようと創意工夫、努力する中でだんだん自分も鍛えられいくわけですが、ついついそこを見落としてしまって、不遇だとか、だめだからだと愚痴をこぼすことになってしまいます。ついつい愚痴がでて、経済環境が悪いから、うちは資本がないから、駐車場がこんなに狭いからお客さんが来てくれるはずはないという条件の方に理由をみつけてしまいます。打つ手がないと思いこんでいるから、一層また見えなくなってくるのです。 

 誰だって人間は人より特別になりたいのです。人より劣っていていいと思っている人はいません。口では、「おれなんかいい」と言っている人でも本当は人より優れたいのです。ところが、どうしたらそうなれるかわからないから、ふてくされたり、開き直ったりしているわけです。特別になるためには人がやっていないような特別なことをやらないといけない思うわけです。そこが間違いです。

 特別なことなんてこの世の中には何もないのです。全部ありふれたことです。そのありふれたことを一つずつ掘り下げていったときに初めて特別なことになるわけです。普通のことをきわめてていくと、ある日普通の領域からはなれていきます。それをせずに、いきなり特別なことを求めるひとが途中で脱落していくわけです。

 一度やり始めたら、投げ出すようなことがあってはならないのです。誰にでもできる簡単なことをだれにでもできないほど続けていくのが人生だと思います。私もいろいろな困難を経ることによって教えられことが沢山ありました。これがなかったら何もわからなかったと思います。これからも日々、精進したいと考えています。

(2004/04/20・荻原秀樹)