【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『一日一文』

 当所では所長より、折りにふれ読書の必要性を説かれています。そんなこともあって本年は2月、4月、8月、10月の4回読書コーナーを設けることになりました。皆様に読んでいただく為というより自身の勉強のためという感じであまりお役にたつことは書けませんが、どうぞご指導ご鞭撻をお願いいたします。

 『一日一文』 英知のことば 木田元 編 2004年1月7日発行 岩波書店
先人たちの英知は、明日を生きる心の糧。
人生にうるおいや勇気をあたえる三六六の名文 ―本の帯より

 編者の木田 元さんは「せめて一日に数行でもいい、心を洗われるような文章なり詩歌なりにふれて、豊かな気持ちで生きてもらいたい」という気持ちでこの本を編纂したそうです。

 私は1月7日の新聞に本日発売と書かれていたのを見て、早速この本を読んでみたいと思い購入しました。カレンダー形式に一日一ページが割り当てられ、先人たちの名言が納められています。集うこと366名の偉人たちの名文。本当に感動的です。

−本文より抜粋−

2月14日  中井正一 1900.2.14〜1952.5.18

 一体人間は、二つの魂の誕生をもっているといえよう。世界がこんなに美しく、世の中がこんなに面白いものかと驚嘆する時がある。これが第一の誕生である。そしていつか、それとまったく反対に、人間がこんなに愚劣であったのか、また自分も、こんなに下らないものだったのかと驚嘆し、驚きはてる時がくる。これが第二の、魂の誕生なのである。しかし、この時、人々は、本当の人生を知ったというべきであろう。

 『美学入門』(『中井正一評論集』長田弘編 1995年 岩波文庫)

 最近の日付で心に残ったものです。中井正一さんという人を私は知りませんでしたが、この後に続く作者の紹介で、どんな方かということがよくわかりました。このように有名な人でありながら不勉強で名前を聞いたことのなかった人など、この解説を読むだけでもとてもよくわかり、読んでよかったと心から思える書です。編者の木田元さんは、「はじめに」という序の部分でなるべく時代の新しいものをと思って選び出しはしたが、版権の問題で断念せざるをえなかったものも少なくない。翻訳でも、諸般の事情から既訳の使えないことがあったが、その場合、該当部分だけを自分で訳しなおした、と記していて、思い入れの深い書物であることを実感しました。1月1日は柿本人麻呂、12月31日は井原西鶴。この間にどこの国のどんなドラマがあるかどうぞお楽しみに。
(2004/02/19・荻原幸子)