【事務所通信バックナンバー】

相続税申告書を提出して

 相続税申告書の作成、それは、ひとりの方のご逝去とともに始まるたいへん悲しい出会いです。天寿をまっとうされた方、道半ばにして急逝された方などそれぞれの事情は違っていますがご遺族の方々にとってかけがいのない身内をなくされた悲しみは、言語を絶するものがあると思います。私たちはこの悲しみの最中にあって、少しでも故人の方のご遺徳を反映し、お役にたてるようにと、ご遺族の皆様方と相続税申告検討会などを開催し、申告書の完成にむけて取り組んでいます。

 申告書の作成。それは税務という観点でクリアする内容のもの、という狭い考え方ではなく、これを機会にご親族の皆様で膝を交えて考えていく上で役立つもの、土地の評価では、一覧性があり、今後折りにふれてこの申告書にたちもどれば詳細がわかりその後の発展の礎となるものということを考えて作成しています。

 親子で一緒に暮らしていてもなかなか相続財産のことについて話題にする機会はないと思います。誰でも最愛の人を失うという具体例を考えていくということは気にそまないことでしょうし、いざ相続が発生してもなかなか話し合いをもてないということが多いと思います。そんな時会計事務所という第三者を交えて話し合いのきっかけになればと考えています。

 申告書の提出を終えて控えを閉じたファイルをお渡しする瞬間、それは作成にかかった月日の重さを忘れ、ご遺族の方々の今後に役立てていただけるよう祈り、またお亡くなりになった方のご冥福を心からお祈りする瞬間でもあります。

〈関連記事〉「事業承継・相続税を考える」

(2004/02/19・荻原幸子)