【事務所通信バックナンバー】

牛丼騒動

 ここのところのBSEや鳥インフルエンザなど、食用肉にまつわる問題で日本の「食」が揺れています。特にアメリカ産牛肉の輸入停止措置によって、牛丼をメニューの中心に据える各大手チェーンでは、牛肉を使用しない新メニューを開発するなど、対応に追われているようです。どの企業でも少しでも売上を上げ、利益を確保しようと躍起になっているなか、この問題は飲食業界にかなり大きな打撃を与えていることでしょう。

 奇跡の復活を遂げたと言われる吉野屋でも、まさか食材の仕入が出来なくなるという事態まで想定してはいなかったでしょう。時に廃業をという道を選択する勇気も必要でしょうが、このような厳しい状況に追い込まれても、企業は存続しなければ意味がありません。多くの顧客や取引先、従業員などに支えられ、また頼られているなかで、簡単にその存在を無くしてしまうわけにはいかないでしょう。「○○一筋」というこだわりも予想し得ない環境の変化により、その道を変えざるを得ないことがあるという厳しさを思い知らされる出来事でした。翻って皆様の事業はいかがでしょうか。今現在それほど切迫した事態を迎えてはいないにしても、何かが起こったときに対応できるだけの柔軟性を備えているでしょうか。何が起こるか分からないこの時代、たとえ中小企業と言えども、企業を安定して継続していくために何らかの別の用意をしておかなければならないのかもしれません。実際に私の担当先の企業様でも、業種・業態の変更まで視野に入れていらっしゃるところが何件かあります。

 「一筋」というこだわりの裏には「一点買い」というリスクも潜んでいます。バブル期のように闇雲な多角経営を指向するのはむしろ危険でしょうが、今目指している方向性は正しいのか、将来性はあるのか、自社の強みを発揮しながらも、常に客観的な視点で自社の事業を見直す意識を持つことも必要ではないでしょうか。

(2004/02/19・相原愛紀)