【事務所通信バックナンバー】

2004年 基本方針

 「現状維持は企業衰退への道」という言葉があります。平成16年も益々厳しい経営環境が予測されます。この中で、限界突破の経営をめざし、企業が存続発展するための必要条件「市場戦略」と「健全な経営体質」を求めてともに進んでいきたいと思っています。以下に今年度の基本方針より抜粋してご覧いただきたいと思います。

【基本理念】

 正しいことは正しく〜租税正義を貫くことで、企業の足どりも力強いものになってきます。いつも陽の光のもとを堂々と歩いていくこの感覚の上にこそ、真のゆるぎない発展は築かれるものです。この租税正義の実現のため、そして関与先企業殿の発展のため不屈の信念をもって、指導的役割を全うしていきたいと思っています。

【基本目標】

  • 巡回監査の精度を高め、多面的ニーズにお応えできるよう努力する。
  • 申告是認率の向上をめざし、真の発展へと導く。
  • 経営革新を支援する。
  • (具体的手だて)

    1. 月次巡回監査の充実
      • 試算表の分かりやすい説明を心がけ、税務を始め、あらゆるご相談をお受けしたいと思います。法令に完全に準拠した正しい会計帳簿を作成することが、適正な申告に役立つばかりでなく、会社の社会的信用を築くことに繋がります。
      • 記帳指導に力を入れ、経理体制の基盤強化のお手伝いをします。

    2. 業務の高付加価値化
      • 情報提供
        …事務所通信、ホームページ作成、業種別業界情報、マネジメントレター、BASTの活用による同業者比較経営分析表の提供
      • 事業承継への支援
        …今まで大切に育ててきた企業。世代交代にはまだまだと思っても、複雑な税法でしばられるだけに早めに対策を立てておく必要があります。贈与税や相続税における「土地」評価、また自社株の評価もお薦めします。
      • 継続MASによる戦略的決算対策の展開
        …期末までの業績予測、業績検討会、節税対策、経営計画書作成支援、次期目標利益計画シミュレーション
      • 企業格付けの時代となり、金融機関が各企業に求めることは、的確な経営方針のもとに首尾一貫した事業計画を立て、赤字を解消し、自己資本の充実に努めることです。それを具体化した計画書を作る支援をいたします。
      • 企業経営におけるIT(情報技術)構築支援
        …膨大なデータの収集と利用、顧客との双方向コミュニケーション、通信費、印刷コストの削減など、出遅れては大きな損失につながります。
      • インターネット、Eメールの活用、ホームページ作成を始めとして様々なご相談を承ります。
      • 電子申告、電子帳簿保存の推進

    3. 企業の自計化推進
      • FX2、建設業会計DB、病院会計DB(財務会計システム)
        …日々刻々と変わる業績の瞬時把握支援
      • SX2(販売管理システム)
        …販売・購買情報管理における合理化
      • PX2(給与計算システム)
        …人事給与情報構築
      • IT革命の一端として、コンピュータ導入による日常業務のシステム化は避けられない問題となってきました。また「電子政府」構想により、書面と電子データが同等に扱われる時代が到来しました。各関与先の状況に合わせて、自計化による経理の合理化、そして計数管理が図れるようお手伝いします。

    4. セミナーの開催
      • 年末調整セミナーの実施(11月予定)
        …皆さんにお集まりいただき、日ごろの悩みなどをお聞きしながら進行していきたいと考えています。是非ご参加ください。

     いろいろ書いてきましたが、私たちは巡回監査を大切にし、月次決算を可能にすることで関与先の経営者の皆様に最新の会計情報をお届けし、業績管理に役立てていただきたいと考えています。それらの日々の積み重ねにより「帳簿の証拠能力」が強化され、対外的にも厚い信頼を得ることができるようになります。

     時に金融機関の方から決算書等の提出書類に関してお褒めの言葉をいただくことがありますが、それは毎日毎月の積み重ねの成果であり、日々努力された関与先の皆様への感謝の念でいっぱいになります。

     本年も初心に帰り頑張ります。どうぞご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

    (2004/01/22・荻原秀樹)