【事務所通信バックナンバー】

2004年 年頭所感

 新年が始まり、一月がたとうとしていますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日ごろの税務会計に対する深いご理解とご協力に心より感謝申しあげております。

 本年も一月二十日に「新年度経営方針発表会」を事務所内で開催し、皆様方へ強力にご支援すべく、所員一同決意を固めました。

 年頭にあたりこのようなことを考えています。

 資本主義社会は、自由競争と公正な市場の二つから成り立っています。自由競争における最高の価値判断は効率です。これによって私たちは、物の豊かさを得ました。しかしそれと反比例するが如く心の豊かさを失ったのではないでしょうか。

 文豪トルストイが、”一切の不幸せは、不足から生ずるのではない。有り余るところから生ずるのだ”と警告した通り、私たちは物質的に恵まれるにつれて退廃してきました。豊かであることは悪いことではありませんが、度を越した分に過ぎれば弊害が生じます。

 この社会を良くしようと思うなら、一人ひとりがより謙虚で丁寧な暮らしと仕事をしなければならないと思います。丁寧な暮らしや仕事といいますと、消極的で弱い生き方で在ると誤った見方をされますが、丁寧であることこそ積極的で強い意志の現れであると確信します。なぜならば、何事においても丁寧であるためには多くの手間と時間を要し、工夫と努力にかえて強い忍耐がなければできないことですから、早く成果を手にしたいために手を抜いたりすることは、消極的で意志の弱い人のやることだと思います。心を込めてやり続けていけば、大きな力なると思います。

 今、経営革新が叫ばれていますが、過去の成功体験は通用しません。まずひとりひとりが自己革新を毎日やって、つねに心中に持っている「自ら」が変わらなければならないと思います。自分も変わっていかないと時代に則した動きは出来ない。自己革新とは過去のこれまで自分を支配してきた価値観を壊すことだと思います。とことんつきつめて何が重要なのかを考え自らが価値観の高い人間になりたいと思っています。

 会計事務所としての具体的なご支援は以下に述べますが、私どもの事務所では、毎日毎日の取引を正確に記帳していく、そのことの積み重ねで、事業所の基盤が確かなものとなるということを確信しております。一見めんどうで遠回りのような気がするかもしれませんが、長年のおつきあいで、そのことを実感し、日々の記帳をしっかりやっていただける方がふえているのは、たいへん嬉しいことであります。本年も日々の会計記録の作成のために、どうしたら効率的か、またわかりやすいか等々私どもも研鑽を積みながらご指導申し上げたいと思っております。どうぞ皆様方からもご意見を賜りますようよろしくお願いいたします。

 年の最初のNETWORKの発行にあたり、皆様方の益々のご発展とご健康をお祈りし、年頭のご挨拶とさせていただきます。

(2004/01/22・荻原秀樹)