【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 早いもので、今年もまた年末を迎えることとなりました。本年一年間皆様にお寄せいただきましたご厚情につきまして、心より感謝申し上げております。

 不況といわれて久しく時がたちます。世の中では、いろいろなものの見直しがおこなわれてきました。少しでも価格の安いものへ、サービスのよいものへと志向し、その両者が揃えばもう迷いもなく新しいシステムの移行が決定されていきます。こうして古い価値観に縛られ形を変えていくことができないものは闘いの場から去り、柔軟に時を読み変化していくものは生き残る、そういう姿を目の当たりにしてきました。

 先日コンピュータの保守を受けた時に『作業ごとのお客様アセスメントシート』という書類を記入してFAX送信してくださいと依頼を受けました。項目は、受付時の電話対応マナー、アンサーバック、アドバイスの適切さ、訪問時の連絡、到着時間、業務影響の考慮、作業中の対応姿勢・技術の安心感、報告時の正確性、安心感、モラル、マナー、作業時間は適切であったか など多岐にわたっていました。ここまで徹底するということに驚きと畏敬の念を抱きました。このような情報収集の積み重ねがあってこそ顧客満足が得られ、その企業は発展を重ねられるのだということを実感しました。

 私ども会計事務所の日常におきましても関与先の方のためにという気持ちを第一義にもち行動しておりますが、ご期待にそっていない面もあるかと思います。平成16年度は、是非そのような生の声をお聞かせいただきまして不足している面は改革を重ね、車の両輪がまわるようにスムーズな流れを作って行きたいと思っております。どうぞ引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

(2003/12/18・荻原幸子)