【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 先日私の家では、祖父の三周忌法要を執り行いました。その席で、献杯の前に祖父にまつわる思い出話を一人ずつしていこうということになり、私も祖父の思い出を話しました。祖父はとてもものを大切にする人で、時には割れた植木鉢や錆びた釘まで取っておくくらいで(そこまで行くとちょっと困ってしまうのですが)、あらゆるものを無駄なく使う人でした。両親が共働きでしたので、祖父母と過ごす時間が長く、そのせいか私にも祖父のそういう精神がいつの間にか宿っていたようです。

 仕事をする上でもそういう気持ちをいつも忘れないようにしています。事務所建物に始まって、自動車、パソコンや備品など、それが高価であるか否かに関わらず、紙一枚でも惜しむような気持ちでいなければならないと思っています。皆様の所に伺って監査をしていますと、数千万の機械設備から100円の事務用品まで、様々な伝票を見ることになります。金額の大小はあれど、それらが頑張って上げた売上から、あるいは苦しい資金繰りの中から購入されたものであることに変わりはありません。それらのものが大切に使われ、いずれまた収益を上げてくれることになるよう願わずにはいられません。年末には事業所の大掃除をするという所も多いと思いますが、日々業務を支えてくれているもの達に改めて今年一年の感謝の念を込めてみてはいかがでしょうか。ものが溢れかえるこの時代に「ものを大切に」などという話をすれば、笑われてしまうかもしれませんが、今あるものを最大限に有効利用して、最大の効果を得る。この不況下において企業会計にも求められていることだと思います。

 今年も大勢の人や沢山のものに支えられて、ここまで頑張って来ることができました。微力ながら来年も皆様のお力になれるよう頑張って参ります。今年一年お世話になった皆様、誠に有り難うございました。

(2003/12/18・相原愛紀)