【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年はイラク問題に始まり、イラク問題で終わる、そのような一年だったような感じがいたします。フセイン元大統領が拘束され、終わりよければすべて良しとなるのでしょうか?これから日本の自衛隊が人道支援ということで派遣されます。トップが拘束されたとはいえ、何が起こるかわかりません。何か問題が発生すれば、日本そのものがとんでもない方へ向かっていくような気がしてなりません。

 まだまだ、景気が良くならない日本の経済情勢の中、万が一大きな動きがあった場合、一番先に影響が出るのが一般国民また中小零細企業だと思います。大企業は状況が良くなったとはいいますが、大半は大幅なリストラ等を実施したものからなのです。一般国民の収入というものは減少し続けているのが、現状ではないでしょうか?関与先様でも今後、起こるかもしれない不測の事態に備え、会社自身の体力を回復、維持させることが急務だと思います。黒字体質への転換というものが対策となると思います。昨年もこの書面で書きましたが、当初、会社を興したときのことをもう一度思い出してみてはいかがでしょうか?誰しもが当初から赤字会社の設立など考えていなかったと思います。どうやったら、儲かるか?どうやったら、会社を維持していくことができるのか日夜考えていらしたと思います。その思いをもう一度現在によみがえらせいただきたいのです。多くの経営者の方々はこのような言い方は失礼かもしれませんが、世の中が悪いから自分のところも悪いんだと思いこんではいませんか?今こそ、そんな考えは捨てて、初心に戻って経営に努力してはいかがでしょうか?毎年書いていますが、中小企業が元氣になれば世の中が良くなると思います。そのためのお手伝いを積極的にさせていただこうと思っています。毎月の巡回監査で一つでも多く、経営の革新につながるヒント、気づきを与えられるようがんばりますのでよろしくお願いいたします。

 個人的には今年で勤続十年という節目の年でした。十年も過ぎると自己改革が進まず、マンネリ化が進み、関与先様には不満の監査担当者になりつつあるかもしれません。私自身も初心に戻って、今一度、経営者の方々の為になるにはどうすればいいのか、お役に立てるのにはどうすればいいのか考え、努力していきたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

(2003/12/18・**退職者による記事**)