【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 本年も大変厳しい時代一年でしたが、皆様に賜りましたご厚情の数々に深謝申しあげます。

 年の瀬を迎えてこのようなことを考えています。一年を通じて私の元にあまたの郵便物が届きますがその中から印象に残ったものを紹介します。

 人が老いると同じように、すべての会社に老いは忍び寄ります。過去にこだわり、挑戦を恐れ、顧客を見失い、成長が鈍化している会社があまりに多いからです。この状態を放置すれば、最悪の場合、倒産という「死」を迎えます。
TKC戦略経営者セミナー案内より抜粋
 一般にビジネスマンは、三十代までが会社にとって有用であるとされる。ところが、四十 、五十代になると守りに入って、新たに「勝負」するよりも三十代までの「貯金」で食っていこうと考える人が増えてくる。それでは会社ももたないので、不況を幸いにリストラという名のもとに、コストの高い中高年齢者の肩たたきを始めた。
 今まで通りの仕事を今まで通りにして捌くだけでは、本当に仕事をしているとは言えず、ただのアルバイターでしかない。それでは、賃上げ分だけ年々コストや生産性が低下してしまう。時には、自分の存在意義を主張するために、無駄な精緻化を始めるから始末に負えない。
 目的意識と価値意識を持って、投入努力よりも創出成果が大きくなるように、絶えず工夫するのがワーカーだ。そんな知恵を出さない人は、これからはつらい目に遭うだろう。
(株)東京商工リサーチ 『TRS情報』巻頭より抜粋

 両方とも身につまされる話です。企業も人もこのことに対し、いかに厳しく自分自身を見つめられるかが明暗を分けてきます。そのために個人は自分の力量を磨くため努力を重ねなくてはならないと思います。IT時代になりインターネットから必要な情報をたくさん得ることができるかもしれません。しかし物事の本質を深く考える力を培うためには読書による修養の必要性を強く感じるところです。また発展している企業ほど社員教育に力をいれている、といわれていますが、経営者は、社員の教育に責任があります。はっきりとした経営理念をもち、社員の自分自身を高めたいという気持ちを大切に企業経営にあたっていくことが大切だと思います。私自身日々実践しようと多くの書物を渉猟し考えを重ねている毎日です。経営者の方々とも一年間そういった話題を重ねてまいりました。

 また迎え来る平成16年も皆様方と企業経営の本質について話を深めて行きたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

(2003/12/18・荻原秀樹)