【事務所通信バックナンバー】

朝の清掃

 当事務所の始業は午前8時30分ですが、その前に15分くらいかけて毎朝清掃を行っています。掃除機をかけたり、玄関を掃いたりするのですが、毎朝やっていますのでそう汚れるものでもなく、少しおざなりになっているところがありました。しかし事務所内の会議で「清掃はポイントを絞ってするように」との指示を所長より受け、それ以来朝の清掃に対する意識を改めました。

 以前ある会社の見学会に行ったのですが、清掃用具を取り扱っている会社にふさわしく、清掃と整理整頓が行き届いていて感心させられたことがありました。その会社では、清掃する場所を決めてその一ヶ所を徹底的にきれいにする方針で、清掃を「環境整備」と位置づけていました。役員が各事業所を回ってどれだけ環境整備されているか採点までするそうです。そのことを思い出し、私も今まで目を配らなかった所にも目を向け、清掃のやり方を変えました。普段使っているパソコンや事務機器の汚れをとったり、書類や備品の整理もするようになりました。最近では単にきれいにするだけでなく、書類や備品の管理方法に問題はないか、席や事務機器の配置は使いにくくないか、どうやったら効率よく仕事ができるかを考えて清掃するようにしています。それらのことを一度にやろうと思うと大変で、結局手つかずになってしまいがちですが、朝の10分か15分だけに時間を区切って、その日出来る所までを無理なくやることにしていますので、それほど負担にはなりません。

 皆様の事業所では、清掃の時間や日程が決まっていますか。機械設備や道具の管理はどうされていますか。「忙しくて毎日清掃なんて…」と言わずに、1日のうち5分でも時間を取ってみてはいかがでしょうか。案外こんなところに業務改善や経営のヒントが眠っているかもしれません。

(2003/11/20・相原愛紀)