【事務所通信バックナンバー】

年金問題

 今度の衆議院選挙の争点の一つでもある、年金問題。将来、本当にもらえるのでしょうか?国民年金の支払滞納者が年々増加している背景にはこのことが一番の根底にあるのではないでしょうか?

 先日、新聞に厚生労働省が各個人個人にあなたはこのまま年金を支払い続けると将来、これだけの年金が受給できます。という試算書類を発行するようになるという記事が載っていました。また、インターネットを通じても情報を提供することも始めるとも載っていました。実際にもらえる金額がわかれば、納付の奨励にもつながるという考えからなんでしょう。私自身も本当に将来受給できるのか不安は正直あります。もらえないかもという半分あきらめもなきにしもあらずです。ただ、これだけの金額はもらえるかも?しれない試算書類が発行されることについては少し励みにもなるかもしれません。

 年金は国民の義務、権利ですから仕方がないことですが将来に不安を残したまま、このまま問題を先送りすることだけは避けてもらいたいと思います。日本経済の回復にはこの問題が大きく関わっています。この選挙での争点でもありますので、それぞれの候補者の訴えをよく考え、投票したいと考えています。

(2003/10/20・**退職者による記事**)