【事務所通信バックナンバー】

野生の鴨から何を学ぶか

 110号で安住、安楽の問題について書きました。我々日本人は今、悪魔の寝床に、それこそ酔いしれて眠りこけています。野生の鴨たちはおいしいえさと景色の良さに飼いならされて羽ばたく力を失っていきました。それでは人間は安住と安楽でいったい何を失っていくのか、という問題提起で終わりました。そこで今月は、ではどうしたらよいのかという文献にあたってみました。

 それは建築家の安藤忠雄氏――独学で建築を学び、数々の賞をとり、東京大学の名誉教授になった立派な人です。

 一つひとつの仕事に問題意識をもって、これが卒業作品だという思いで頑張って、頑張るからやっぱり、いつも自分で現場に足を運んでみんなと一緒に作っていくんです。ぜったいに失敗してはならない、失敗しないためぎりぎりの状態まで考え、難しいことにチャレンジしていく、今の日本がなぜ低迷しているかというと、問題が起きないようやっているから、新しいことをしないで安全策ばかりとってきたことで、緊張感がなくなったことが大きな原因だと思います。

 安藤氏自身、チームは小さい、学歴はない、社会的ネットワークもないという状態からスタートし、とにかく自分の力だけでやるしかなかった。そのためには、負けても決して諦めないように、精神的に頑丈でなければならないし、体力もできたら三十代のままで七十五歳くらいまで仕事ができるように鍛えておき、負け戦もそれほど気にならずきたんです。ですから、日本人はもっとぎりぎりの状態におかれているほうがいいと思うわけです。

 ともかく自分の力で働いて食えるようにならないと、生きていけないという切羽詰まった状況におかれていました。これが今日を築く上では非常に大きかった。ぎりぎりの状況の中で、ひとつひとつの仕事をした。そして、その時に自分の人生の時間との勝負だ、諦めている暇はない。負けて泣いてる暇はないんだということを考えて、やっていくようにした、自分なりに納得できる仕事ができて、前進していければいいなと思います。そのことを通じて、自分の存在を示していける仕事をやりたいと思います。つらい時、困難な時でも、悲観的に見ないでポジティブに見る。そういう姿勢で仕事にも人生にも臨むことが、一番大事だと思っています。

(2003/10/20・荻原秀樹)