【事務所通信バックナンバー】

TKC西東京山梨会秋季大学

 平成15年9月10日、第7回TKC西東京山梨会秋季大学が開催されました。この秋季大学の趣旨は「TKC会員と職員・家族が一同に会し、お互いに職業会計人としての研鑽と親睦を図る」というもので、本年は、山梨支部が担当、甲府富士屋ホテルが会場となりました。『会計人こそ自己革新を!−社会が変わる・企業が変わる・経営が変わる−』のスローガンのもと定期大会、総会、式典、記念講演、分科会などが行われました。

 私は、このような催しに参加することは初めてではありましたが、弁護士中坊公平先生による記念講演「現代日本を考える」を聴講させていただきました。中坊先生のプロフィール等は皆様すでにご存知と思います。

【講師プロフィール】

  • 平成2年・3年日本弁護士連合会会長
  • 森永砒素ミルク中毒被害者弁護団団長
  • 豊田商事(株)破産管財人
  • 豊島産業廃棄物不法投棄事件住民側弁護団団長

  • などを務めた。
  • 平成8年(株)住宅金融債権管理機構(現(株)整理回収機構)の初代社長に就任、11年8月退任。
  • 平成11年司法制度改革審議会委員
  • 平成12年警察刷新会議委員
  • 秋季大学開催案内より一部抜粋

     講演は、日本の現状ということで、鎖国、明治維新から始まり、日本の近代化の歴史にふれ、その中で、混迷、閉塞の時代を迎えている日本は現場を直視し、そこからなぜと考えて本質に迫るプロセスをとるべきだということから進んでいきました。『現場主義』。森永砒素ミルク中毒事件での闘いの様子などが古い記憶から思い起こされますが、被害者の方達を丹念に訪ね、難しいといわれた事件発生以来十八年を経過するこの訴訟を闘いぬくことができた根底には、実にこの現場主義という言葉の重みがあったのだということを強く感じました。実際に訪ねてみて、被害者の方達が国や企業にうらみを持つのではなく、自身の非を責め続けて苦しみ続けていた様を目の当たりにした中で、裁判の本質とは何かを考えたということです。

     また、倒産した中小企業の和議事件からスタートして、現場に通い詰めて半年、現場を知り、現場を変えていくことで債権者たちも再建への熱意を評価してくれ、和議がまとまったそうです。自分の事務所に工場の決算や資産の資料を持ち込んで机上の仕事として進めるより現場に通ったからこそ気づきを得て問題を解決していくことができたということ、これは、私どもが巡回監査で毎月各企業様へ訪問させていただいていることと同じだと深く感じました。「現場に神宿る」というお話がありましたが、「現場を熟知していればこそ、弁護と交渉に説得力がでる」と語られていたその話し方は、まさに聴くものを突き動かす迫力を備えていました。

     租税正義をかかげて行動しているこのTKC全国会という団体の関連行事であるからこそこの講演にかけつけ、多くのメッセージを伝えてくださったのだと感じました。自分自身でも、さっそく、『金ではなく鉄として』(中坊公平著・岩波書店)を読みました。今後とも糧にしていきたいと思っています。

     その後は分科会に分かれ、山梨医科大学名誉教授佐藤章夫先生『生活習慣病を予防する食生活』、(株)ファインビット代表取締役社長・中小企業診断士・経営コンサルタント中村中先生『中小企業経営者のための銀行交渉術』 という演題で、聴いてまいりました。事務所のメンバー全員で参加しましたので、またそれぞれ巡回監査の中などで担当よりお話しする機会があると思います。

     会場は満席で、多くの方々が租税正義の実現をめざして日々実践していらっしゃるのだということを感じました。そのことこそが、関与先の皆様方の更なる発展の道であるということを信じて一同に会している姿はたいへん感動的でありました。

     最後にこの会を企画されていた方々が今日の日のために一年半の歳月をかけて準備を重ねていらっしゃったということを知り、とても充実した一日であったことに心より感謝しております。

    (2003/09/23・荻原幸子)