【事務所通信バックナンバー】

タックスペイヤー

 tax-payer(タックスペイヤー)―直訳すると「税金を払う人」。日本語では一般的に「納税者」と言います。英語では「払う」と言い、日本語では「納める」と言う。この違いは何でしょうか。英語の「pay」には、払うという意味の他に「割に合う」という意味もあります。採算がとれることを「ペイする」と言いますが、まさにそれです。対して日本語の「納める」には、お上に召し上げられるというようなイメージがあります。

 日本と欧米の税金に対する考え方の違いは、納税者に対する罰則の重さにも現れています。脱税については、欧米の罰則の方が日本よりもはるかに重く、脱税が国家に対する詐欺であるという考え方に根ざしているようです。だからこそ払うべきものはしっかり払い、その代わり税金を使う国家や機関を厳しく監視し、批判する。「ペイ」したのだから、それに見合うだけの使い方をしてもらわなければならない、という考えなのでしょう。サラリーマンのいわゆる「源泉徴収制度」も日本人の納税意識を低くしているという批判もあります。ご存じのようにサラリーマン(=給与所得者)は、あらかじめ所得税を天引された上で事業主から給料が支払われることになっています。納税者が給与所得者自身であることに変わりはありませんが、受け取る前に引かれてしまっているために、どうしても自らが納めているという意識が薄れてしまいがちです。時には税金を「取られる」なんて言い方をすることもありますが、こういうことが影響しているのかな、とも思います。どうせ無駄に使われているんだろうということで、「取られる」「仕方なく納める」という感覚が根付いてしまっているのでしょうか。本来税金を納めることは誇り高い行為のはずですが、何か損をしているような感覚で捉えられてしまっているのは、とても悲しいことです。

 支払う側は気持ちよく支払い、それを使う側も最大の効果が得られるよう無駄なく使う。そうした良い循環が生み出されれば、税金についての意識ももっと高まるのかもしれません。納税者である私たちが「払った」税金は、やがては私たち自身に利益をもたらしてくれるはずなのですから。

(2003/09/23・相原愛紀)