【事務所通信バックナンバー】

新種のウィルス―MS BLAST

 お盆休暇中より、新聞紙上の新種のウィルスの話題が気になっていました。その名も『MSBLAST』。WINDOWS2000、NT、XPを対象に障害をもたらし、現にこんな大手企業までが、と思うようなところが感染した事実を伝えていました。この『MSBLAST』は強力な感染力を持ち、インターネットを経由して直接広まる「ワーム」と呼ばれるタイプのもので、メールで広がるタイプではないので気が付かないうちに感染している可能性があります。感染するとシステムが不安定になり、勝手にシャットダウンしてしまったり、動作が緩慢になったりするということです。

 また、特定の日以降にマイクロソフトのWindowsUpdateサーバーに対して攻撃をしかける機能も持ち合わせているということで、インターネットが一時的にまひ状態になることも懸念されていましたが、これはマイクロソフト社の懸命の攻防により免れました。

 毎朝、亜種の登場の話題等が報じられ、その脅威に驚かされます。以下見出しを抜き出してみました。

【8月17日付朝刊】  

  • MSブラスト お盆明け企業パソコンご用心(16日午前9時現在、全世界の感染台数 四十万四千台、六時間に二万台の割合で感染を続ける)

  • 【8月19日付朝刊】  
  • コンピュータウィルス『MSブラスト』経産省まとめ感染報告は370件、郵政公社の3台が感染、内部事務用3500台に影響

  • 【8月21日付朝刊】  
  • 新種?ウィルス『ウェルチ』知らぬ間に拡散の恐れ

  • 【8月23日付朝刊】  
  • ブラスター亜種県内17校も感染、学校間ネットで拡大か
  •  
  • 核燃機構で470台ブラスター感染、原子炉影響なし
  •  
  • ウィルス対策CD店頭などで配布へ
  • 朝日新聞より引用
     

     ちょっとしたインターネットへの接続ミスなどであまねく広がってしまうコンピュータウィルス。郵政公社の感染では、保守作業にあたっていた業者が、本来、外部のネットにつなぐことはない公社の保守作業用パソコンを使ってネットに接続したのが原因ということです。

     当事務所には休暇前の8月12日より『TKC FAX EXPRESS』がTKCシステム開発研究所より流れてきて、緊急対応の指示を受けています。少し操作を間違えればウィルスに感染ともなりかねないだけに、このFAX EXPRESSはたいへん心強い羅針盤です。続報は次々と。当事務所でも休暇中にさしかかりましたが、担当者が出勤して対策をとってくれていました。いつも的確な情報を流していただけるシステム開発究所には心より感謝しています。その陰には多くの方のご苦労があることでしょう。またいつもシステム環境に気を配ってくれている当事務所の担当者にも感謝です。

     さて今後の対応ですが、自計化システムをお使いの方には、毎月のレベルアップでウィルス対策をおこなっておりますが、このMSブラスト対応版を緊急修正でお届けしていきます。防災の日も近づきますが、「備えあれば憂いなし」を実践していきたいと思います。今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

    (2003/08/23・荻原幸子)