【事務所通信バックナンバー】

借入金の意味

 借入をすることを皆様はどのようにお考えになっていますか。運転資金が不足したとき、設備投資を行うときなど、一般的には資金調達の一手段と考えている方が多いのではないでしょうか。しかしここでもう一歩踏み込んで考えてみましょう。借入をするということは、将来に渡って収益をあげることを約束するということです。将来獲得する見込みの利益を一時的に先取りしているわけです。この点を忘れてはいけません。

 よく借入返済が大変で税金も払えない、という話を聞きます。確かに実状としてはそうなのかもしれません。しかし本来はその逆のはずで、「税金を払うくらいでないと借入金も返せない」のです。受取手形が決済になるまでの一時的なつなぎ資金として借りる場合などは別として、1千万円の借入金を返済しようとするとき、いくら利益をあげれば返済が可能でしょうか。1千万の借入を返すのだから1千万円?そう考えるのは早計です。利益には税金がかかるからです。現在の実効税率を4割として計算すると、1千万円の利益を計上した法人は4百万円の税金を納めなければならない。すると残るのは6百万円。これでは返済額1千万円に追いつきません。税金を納めた後1千万円を余らせるためには、借入金の約1.7倍の利益をあげなければなりません。1700万円の利益で680万円の税金。手元に残る1020万円が返済資金です。この例は全ての話を一年度に納めてしまっているので少し極端ですが、5年返済だとすると年間2百万円。でも2百万円の利益では返済資金が足りません。1.7倍の340万の利益を見込むことが必要です。中小企業の場合は軽税率が適用されますので、仮に実効税率を3割としても借入金に対して1.5倍くらいの利益は見積もっておかなければなりません。

 自己資金についても同じ事が言えます。1千万円の余裕資金を産み出そうと思えば、1700万円の利益をあげなければ手元には1千万円残らないのです。今期は税金が少なくて良かった、とホッとしていてはいけません。税金を沢山納めるほど企業には余裕が生まれ、経営の安定が望めるのです。

(2003/08/23・相原愛紀)