【事務所通信バックナンバー】

楽一TKCモデル

 会計業務の重要な処理として、納品書や請求書、領収書の発行、売上帳の作成、売掛金表作成管理と売上にかかるものは数多くあります。売上管理=業績管理をしていくことは経営革新の最重要課題とも言えます。その課題がクリアされていない企業様が多いことも事実です。また、顧客別管理や商品別管理、担当者別管理という分野も重要になってきております。今までも当事務所から自計化ソフトとしてSX2(戦略販売・購買情報システム)を提案させていただいておりました。しかし、パソコンがちょっと苦手、専用伝票に印刷ができないなどの問題があり、導入会社は少ないのが現状でした。会計業務の合理化のお手伝いをさせていただく立場の会計事務所としてこの点に歯がゆさを感じておりました。

 また、企業様独自で請求書システム等を構築され運用されておられる先もございますが、財務システムと連動ができない、うまく運用できないなどの諸問題もありました。そこで今回は、「楽一TKCモデル」の紹介をさせていただきます。「楽一」という機械は一度なりともお聞きになったことがあるのではないかと思いますが、手書き入力データがそのまま指定伝票や市販伝票にきれいに印刷ができ、一連の販売業務が管理できるというものです。今年4月より、その楽一とTKCのFX2が連動したシステムが販売されました。今までは財務システムとの連動がなされていなかったため、推奨できなかったのですが、今回のモデルは楽一で入力した売上データがFX2に連動、財務データ処理も同じ機械で処理でき、会計伝票入力も手書きペンボードで入力可能。パソコンはどうもという方でも自計化することが可能ではないかと思われます。手書き請求書、伝票はもうそろそろ卒業したい、合理化を進めたい、業績管理をきちんとしたい企業様にはもちろんのこと今後改正される消費税、具体的には課税売上高が5,000万円超の事業者は本則課税での計算が必要となり、課税仕入れに係る消費税額の控除を受けるためには、帳簿と請求書の両方の保存が必要という対応のためにもこの機会に導入のご一考をしていただければと思います。詳しくは監査担当者もしくは会計事務所の方へお問い合わせ下さい。

 今回は楽一TKCモデルの紹介でしたが、上記の改正消費税の問題で数多くの関与先様が本則課税への対応が必要となってきております。仕入税額控除の適用条件を満たすための帳簿作成が重要です。経理事務の増加は避けられないと思われます。対応策として、FX2による自計化を推奨しております。合わせてご検討をお願いいたします。

(2003/08/23・**退職者による記事**)