【事務所通信バックナンバー】

NETWORK

 いつもNETWORKをお読みいただきありがとうございます。私自身事務所内での仕事がほとんどですので、こういったおたよりを作成していてもあまり感想などを直接お聞きする機会はないので、この通信の記事が、ひとりよがりのものにならないように、また、皆さんの貴重なお時間を無駄にしてしまうことのないように、と心がけてはおりますが、実際はどうだろうかと不安になります。

 先日、外を歩いていたところ、ご縁あってこのNETWORKをお読みいただいている方にお会いしました。遠くから声をかけてくださり、「いつも楽しみに読ませていただいております。」とのお言葉をいただき嬉しくなりました。そして、なんとその日、別の方からこんなおたよりをいただきました。

拝啓
 初夏の候、貴所ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。いつも事務所通信等をお送りいただき、本当にありがとうございます。毎回楽しみにしています。お客様との会話や仕事に、更には自分の勉強の材料として、活用させていただいています。
 (中略)
お送りいただいたときから今日に至るまで、貴所の「NETWORK」や「事務所通信」を使って勉強するとともに、励まされ勇気付けられたことを強く記憶しております。本当にありがとうございました。
 貴所のますますの発展をお祈りし、これまでのお礼といたします。
敬具
と書いてありました。たいへん嬉しく、さっそく所内回覧にしました。

 私自身、今この編集にあたっていますが、二十日過ぎをめどに原稿をその月の担当者に出してもらいまとめているのですが、中旬から月末にかけては、巡回監査も忙しさを増しますし、決算も山場にさしかかります。この多忙な中、原稿の締め切りを守り、また日々現場を経験して思うことを綴ってくれる担当者の面々には感謝です。苦しい日々もあることと思います。そんな中で書いた文章だからこそこのような感想をお寄せいただくのであろうと思います。毎日室内で留守番をしている私ですが、外に目を開き、皆様に読んでよかった、といっていただける紙面づくりをこころがけなければと自省する毎日です。

(2003/07/23・荻原幸子)