【事務所通信バックナンバー】

給与計算ソフトPX2について

 ある日、私の携帯に事務所からメールが届きました。内容はというとある関与先様(PX2ユーザー)から65才になった方の給与計算で介護保険料が今までは天引きされていたが今回されていないが大丈夫かという問い合わせです。

 給与計算というものは忙しい日常業務の中でも確実に処理をされなけばならないもの。極端にはその日に計算し、その日に銀行でお金をおろし、その日に支払う待ったなしという関与先も多いのが現実。出先ではありましたが、各機関に電話で確認。私の勉強不足もありましたが、介護保険料徴収は65才までそれ以後は年金から天引きされるということでした。PX2を利用しているとそのような処理も自動的に判定しているのです。給与計算を取り巻く環境は年々複雑化してきています。社会保険や雇用保険、源泉税や住民税、立替金や積立金の天引きなどなど。また、4月から導入された社会保険料の総報酬制により、ボーナスからの天引きする社会険料率が大幅に変更。健康保険、厚生年金ごとに上限が違っているなど支給人数が多いところでは手計算していると間違いなどが発生しがちな状況です。40才になれば介護保険料の徴収を開始しなくてはならないなど他にも多岐にわたって難しい処理が給与計算にはあります。パソコンを利用してのメリットはこのような複雑な判定や計算を自動で処理をしてくれますし、社会保険や労働保険の届出書類の基礎資料も確認できる。入退職時の処理についてもマニュアル化されていますので間違いなく処理が進められる、人事情報の確実な構築ができます。

 今、うちは支給人数も少なく、手計算で十分とお考えの関与先様もおられると思いますが確実な処理ができる、また、将来、支給人数が増えることも考慮し、ぜひ、この機会に導入をご一考いただければと思います。詳細等につきましては監査担当者や会計事務所までご相談いただければと思います。

(2003/07/23・**退職者による記事**)