【事務所通信バックナンバー】

野鴨の羽ばたき

 この春に感性論哲学の研修会にいき、それ以後関係する書物を読んでいます。今日はその中から紹介したいと思います。

 デンマークの海岸に面したジーランドというところに湖があり、その湖に毎年野生の鴨たちが飛んできていた。この湖に大変人の良い老人が住んでいた。そしてその老人は、遠くから飛んでくる野生の鴨たちにおいしいえさを用意する。そうすると野生の鴨たちはおいしいえさと景色の良さに飼いならされてだんだん飛ぶ力を失っていく。こんなにおいしいえさがあるし、こんなに景色の良いところに住んでいるのだったら何も大変な苦労をしてまでえさを求めて次の湖へ飛ぶほどもない。

 そんなことで、この野生の鴨たちは飛ばなくなり、この湖に住み着いてしまう。なるほど毎日が楽しかった。豊かで健康的だった。しかし、そんな生活をしていたある日、おいしいえさ用意してくれていた人のよい老人が、老衰で死んでしまう。明日からは食べるえさがなくなった。そこでかつて何千キロも飛べる羽ばたく力を持った野生の鴨たちは、えさを求めて次の湖まで飛び立とうとする。

 しかし、どうしたことか、あの精悍だったすさまじいまでの羽の羽ばたきはまったくなくなって、飛ぶこともできない。駈けることもできない。やがて近くにあった高い山から雪を溶かした激流がこの湖に流れ込んで来る、他の鳥は丘に上がる、あるいは飛び立つなどしてこの激流を避け得たものの今は醜く太ってしまったかっての野生の鴨たちは成す術もなくこの激流に押し流されてしまう。

 たわいない話だ。しかし、このたわいないと思われた野生の鴨の話は、強烈な哲学となる。それが、キェルケゴールという哲学者が言い出した、あの実存主義。それはこの野鴨によって引き出された哲学だったと聞く。

 これは海の向こうの話だ。しかし、日本にだって野鴨の教えはいくつもある。一体野鴨の教えとはどういうことなのか。これは我々日本人にあてはめるとよくわかる。敗戦のがれきの中から五十数年間、とにかく日本人はよく働いた。今や経済大国だ。食べる心配はいらない。着る心配はいらない。住む心配は狭いという不満はあってもこれとてもない。 哲学者はこんなせりふを言っている。「安住、安気こそがすべての悪の根源だ。我々人間がこれでいいじゃないか」「何とかなっているじゃないか」「こんなもんじゃないか」「今さら」。そんな気持ちになりかかった時が既に悪の始まりだと。 

 ゲーテが残したせりふがある。「安住と安楽。それは悪魔のしとねだ」我々日本人は今、悪魔の寝床に、それこそ酔いしれて眠り込んでいる。野生の鴨たちはおいしいえさと景色の良さに飼い慣らされて羽ばたく力を失っていった。ではいったい人間は安住と安楽で何を失っていくのか。

〈引用〉『いま、感性は力』行徳哲夫/芳村思風
〈参考〉『人間の格』芳村思風
(2003/07/23・荻原秀樹)