【事務所通信バックナンバー】

上期源泉所得税納付によせて −給与計算をコンピュータで−

 毎月の給与の支払いは、勤怠項目(出勤日数、残業時間)の集計から始まり支給金額の算出などたいへんな労力を要しますが、それでも「うちは人数が少ないから手計算で充分」と思っていらっしゃる方もいると思います。しかし、給与処理をコンピュータソフトにより実行している場合次のような優れた点をあげることができます。

PX2(戦略人事給与情報システム)

  1. 法律改正への完全対応
    • 所得税法
      健康保険法
      厚生年金保険法
      介護保険法
      雇用保険法
      労働者災害保険法
      労働基準法       etc.

     給与計算に関連する法律は多岐にわたります。そしてこれらは頻繁に改正がおこなわれます。手計算でおこなっている場合や専用の給与システムで処理している場合は、担当者自身がこの法改正を把握し、対応をおこなう必要がありますが、PX2を使い計算している場合は会計事務所により、頻繁にソフトのバージョンアップがおこなわれていますので、法改正の細部まで把握する必要がありません。

  2. 人事ファイル構築
    • 緊急連絡先、血液型、本籍、通勤経路や保有資格、担当異動の履歴など社員の人事情報を登録し、人事情報ファイルとして活用できます。

  3. エキスパート・チェックがかかります
    • 複雑な法務に対応し、生年月日判断なども含め多重なるチェックがかかるのでケアレスミスを防ぎます。

  4. 時系列データの備蓄
    • 給与・賞与計算を行うことにより自動的にハード・ディスクに全社員の給与支給情報を24ケ月備蓄しますので、一人別賃金台帳をいつでも印刷することができます。
 

 常にその利点を認識しつつ使っているPX2ですが、

  • 労働保険 確定保険料申告書提出  4月〜5月
  • 源泉所得税の納付(納期の特例)  7月10日まで
  • 社保標準報酬月額算定基礎届提出  7月
  • 年末調整             12月〜1月10日まで

 これらの実務を手書きでしようと思うと結構時間もかかりたいへんですが、機械によれば、今まで備蓄してきたデータをそのまま 各届出の様式にあわせて使用することができ、実務の簡素化が図れ、スピード処理が可能になります。

 上記『お知らせ』に書きました上期源泉所得税の納付につきましてもPX2をご利用いただいていれば、改めて給与月額を集計ということもなくスムーズに納付に至ることができます。「利点がわかっていても費用がかさむのであれば、導入は遠慮したい。」これは当然誰もが考えるところです。時間と労力の削減と費用このてんびん秤、是非監査担当者にそのへんの詳しいところをお尋ねいただきたいと思います。

(2003/06/20・荻原幸子)