【事務所通信バックナンバー】

勤続10年

 この6月8日をもちまして、私、当事務所に勤務し、丸10年を迎えることが出来ました。これも偏に当事務所所長をはじめ事務所スタッフの皆様、関与先企業の皆様、各関係機関の各位のご指導、ご協力があったからこそ、ここまで勤務することが出来たと思っております。この書面をお借りしまして厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 10年前といえば、ちょうどバブルがはじけ、経済が下降に向かうところでしたが企業業績はまだ高水準で節税対策などという今ではあまり聞かなくなった事を必至になってやっていたことが思い出されます。入所間もない頃は何も解らず所長に数多くの指導を受け、自分の夢を達成するためには自己研鑽を積んで公私ともにがんばれと励まされ、日々の業務に頑張ってきました。皆様のご協力があって、この10年で自宅の新築もさせていただき、昨年には結婚もさせていただきました。このように自分の夢を叶えさせていただいたこの事務所に勤務させていただいて本当に感謝しております。

 今日本経済は変革の時を迎えております。改革なくして…などという言葉も数多く聞かれていますが、もっともっと改革の速度はアップし、新しい日本経済の確立が待たれるときでもあります。10年勤続していますとどうしても現状に満足してしまい、新しいこと改革していくことに消極的になりがちです。自分自身それではいけないと感じつつも、日々の業務に流されてしまっています。事務所の発展、関与先企業様の発展ためにも、積極的に自己改革を進め、業務水準の更なる向上をお誓い申し上げ、10年勤続の感謝とお礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。今後とも微力ではございますが、頑張って参りますのでよろしくお願い申しあげます。

(2003/06/20・**退職者による記事**)