【事務所通信バックナンバー】

モチベーション

 先日、関与先企業様の決算報告会に立ち会わせていただく機会がありました。「決算報告会」と言うと堅苦しいイメージをお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の報告会はそういったものではありませんでした。役員さんと主要なポストにある従業員さんがその日の営業終了後に集まり、一つのテーブルを囲んで座談会のような形式で行われました。

 まず社長さんが当期の概要についてお話しされ、私達会計事務所からは決算数値についての補足的な説明をさせていただきました。その後意見交換が行われました。私達が同席していたこともあってか、初めこそ言い出しにくい雰囲気もあったのですが、徐々に意見が出始めて、みなさんそれぞれの思いを語っていかれました。その場には、「どこに問題があるか」「それをどう解決するか」「会社をどう方向付けていくか」「そのために何をすれば良いか」という前向きな空気が満ちあふれていて、仕事に対しておざなりでない会社の姿勢が表れていました。それぞれの立場から語られた意見には、私達が税務会計を通して関わるだけでは知り得ない貴重なものが沢山ありました。同時に私達会計事務所が踏み入ることができない、企業様自身が自ら解決していかなければならない問題もあるのだと改めて自覚することにもなりました。それをわきまえた上で私達会計事務所は、皆様に会社の状況を伝えるべく会計資料を提供し、さらにそれが皆様に「気付き」や「きっかけ」をもたらすことになれば、と考えています。

 どんな会社でも、会議で、営業の現場で、あるいは飲み会の席で、会社をより良い方向へ導くためにそれぞれの意見を戦わせていることと思います。会社にとって決算は一つの節目です。その良い機会にどんな形でもいいから会社の皆様が一同に会する場を持ってみてはいかがでしょうか。思いを語り、言葉という形にすることで、それが会社を動かす原動力になるかもしれません。私達会計事務所も、微力ながらそのお手伝いをさせていただきたいと考えています。

(2003/04/23・相原愛紀)