【事務所通信バックナンバー】

経営革新

 「老舗は不断の革新から生まれる」という言葉があるように長い間を生き抜いてきた企業はそのときその時の時勢に合わせ、自分を変えていきました。

 企業を革新していくには、まず第一に経営者の夢、情熱、アイディアなど不可欠ですが、それを我々会計人は数値化したいと思う。

 ともすると人間は大きなことをやらないと効果がないと思ってしまいますから大きなことをやろうとして失敗したり続かなかったりして元へ戻ってしまうことが多いものです。しかし小さなことなら継続しやすい。その小さなことを継続していくと、それがとてつもない大きなことになるという例があります。

 資本主義の本質は何か、それは、革新であるとシュンペーターは考えています。

 資本主義において革新を歴史的、理論的に抜本から考えた学者にシュンペーター(オーストリアの経済学者)がある。「資本主義の鍵は革新にある」とシュンペーターは喝破した。革新がなければ資本主義は衰退し、滅亡する。資本主義の生命は革新にある。革新がなければ、競争の行きつく果ては、利潤ゼロになって自由市場は活力を失う。利潤がゼロではなくて経済発展できるのは、革新があるからである。  不断の革新こそ、資本主義が発展し生き延びるために必要不可欠である。革新の担い手を企業者という。企業者は、今までずっとみんなが営んできた経済のやり方を破壊して、新しいやり方を創造する。この創造的破壊こそ企業者の役割、機能である。
小室直樹 経済ゼミナール『資本主義のための革新』より引用

 そんなわけで、国も政策として経営革新支援を掲げています。「元気な中小企業を支援することで日本経済を再活性化するための手段」でもあります。私どもの事務所でも経営革新のための方法を経営者の方とともに考え歩んでいけるよう研鑽を積んでおります。大きなことではなく、小さなことを日々積み重ねていく、こんな気持ちを大切にして経営革新という重厚な目標にとりくんでいきたいと考えています。

(2003/04/23・荻原秀樹)