【事務所通信バックナンバー】

マネジメントレター

 巡回監査終了後、事務所より試算表がお手元に届きますが、試算表とは別にマネジメントレターが添付されていると思います。

 巡回監査時点ではFX2などの自計化先のでは自社のパソコンデータから、自計化されていない先でも巡回監査担当者が持ち込みますパソコンのエントリーシステムで月次データの解説や検討をし、業績の把握のお役に立っていると思われます。しかし、出力帳票等が出て初めてわかるデータや解説や検討課題数値の追加などをマネジメントレターにてお知らせしております。毎月毎月試算表やマネジメントレターを楽しみにしていただいている関与先様がほとんどですが中には封筒の封も切らずにそのままという関与先様もございます。月次データの解説や検討が直接経営者の方々と実施できれば良いのですがお忙しい経営者もおられ毎月監査に立ち会うということが出来ない関与先様も多いのが現状です。そのためにもマネジメントレターの有効活用をお願いしたいところです。

 経営改善のポイントが、また、経営に少しでも役立つ情報があるかも知れません。ぜひとも、会計事務所から届く封筒は必ず封を切って中身を確認していただいて、請求書はともかく他の書類については経営者の方々の目の届く場所に保管しておいていただき、いつでも目が通せるような状態にしていただきたいと思います。

(2003/03/20・**退職者による記事**)