【事務所通信バックナンバー】

確定申告

 今年もいよいよ確定申告が始まりました。税務署近くを通過しても臨時駐車場を設け、誘導の人を配備してとても活気が溢れています。2月17日には恒例の「確定申告の受付が始まりました」報道が流れ、「ああ今年も」の感を深めました。NHKのニュースでは鹿島アントラーズの選手が税務署に申告書を提出しました、と報じていました。いつも時の人が選ばれますが、昨年のワールドカップのサッカー人気上昇からでしょうか。一方新聞報道では、国税庁の確定申告を呼びかけるポスターに起用されている黒木瞳さんが、玉川税務署に申告書を提出。コメントは「税金はクリーンに使って役立ててほしい」でした。ちなみに昨年は早見優さんで、「税の使い道が気になります。バリアフリーの場を増やして欲しい」と語っています。

 ところで、全国524の税務署に2000万人の人が申告書を提出するといわれていますが、本年より国税庁のホームページを開きガイダンスに従って項目を入力し、カラープリンタで印刷して、そのまま提出することができるようになりました。2月16日までに155万件のアクセスがあり、そのうち41万件が印刷まで実行したということです。アクセスした人の約2割が60歳代だったそうです。いよいよ世の中も電子化がすすんできました。

 昨日ラジオで日本のITの現在といった内容の話があり、その分野で活躍されている東京大学の教授のお話がありました。「一時あんなに盛んに宣伝されていたITという言葉が最近影をひそめているような気がするのですが」というアナウンサーの問いかけに「アメリカでITバブルがはじけ、日本でもIT関係の投資などが冷え込んできた。ITを金儲けの手段という概念を先行させてとらえてきたことが間違いで、情報技術としてとらえ社会に役立つ技術を確立していくことが必要だ」という返答でした。現在のコンピュータはまだまだ使いにくく、世界で年間生産4億台を超えるといわれる携帯電話のように身近でかつ人間の意志に疎通するものの開発が必要であり、今、研究開発に携わっているということでした。様々な形で日常生活の中に情報革命が起きていくと思います。パソコンによる各種行政手続きなどもそのひとつだと思います。電子政府構想について賛否両論あると思いますが、時代の趨勢を把握しておく必要性を感じます。

 さて、そのホームページからの申告にアクセスしてみての感想ですが、やはり確定申告の用語や仕組み、加えてパソコン操作などにも慣れていないとできないので、最後までたどりつくのには労力がいりました。この国税庁のホームページには確定申告関連の説明や報道発表資料、税の学習コーナーなど多彩なページが用意されています。黒木瞳さんのポスターもあります。そしてWindowsMediaPlayerによりその動画も見られます。皆様も機会がありましたらどうぞアクセスしてみてください。

 用紙がなくてもコンピュータからダウンロードできる時代となりましたが、私たちには一年を通しておつきあいいただき、日々の経理を徹底して築き上げるお手伝いをしてきたという自負があります。電子化の時代を生きてもやはり月々の心のふれあいを通して法に照らし、確かなものを築いていきたいと思っています。平成14年分確定申告もどうぞよろしくお願いいたします。

(2003/02/21・荻原幸子)