【事務所通信バックナンバー】

コンプライアンス

 「コンプライアンス」という言葉をご存じですか。一般的に日本語では「法令遵守」と訳されます。昨今の相次ぐ企業不祥事には怒りを通り越して、呆れてしまうほどひどいものもありました。しかしそれがきっかけで信用を失い、廃業に追い込まれた企業もあります。果たして皆様方はこの法令遵守というものをどのようにお考えになっているでしょうか。

 「コンプライアンス」「法令遵守」などと、難しい言葉を並べられると違和感を感じずにはいられませんが、日々社員さんがとっている行動、企業が目指している方向性、取引の過程で作成される様々な書類。それほど意識はしていなくても、企業活動のひとつひとつは、多くの場合法令に関係してくるものでしょうし、法律の縛りまでは受けなくても、道徳・倫理といったものに沿うことが求められるのは当然のことでしょう。日本企業のひとつの良さとして、家族的な温情主義が挙げられることがありますが、時として「法令遵守」の考え方とは相容れないこともあります。自分の意見を主張しにくかったり、ミスを指摘しにくかったり、責任の所在が分かりにくかったりして、それがために引き起こされた不祥事もきっとあったのではないでしょうか。単に法律を守る、社会的責任を果たすという使命感だけではどうにもならない部分もあります。風通しの良い企業風土をつくり、常に分析と自己批判を繰り返し、それを企業活動に反映させていく体質そのものを作っていかなければなりません。

 皆様の会社は今どこへ向かっていますか。その方向は正しい方向ですか。利益を追求することや事業を維持することも大事なことですが、ご自分の会社が社会の中で果たしている役割、そしてそれがどこにどういう影響を及ぼしているか、今一度振り返って確認してみる必要があるのではないでしょうか。

(2003/02/21・相原愛紀)