【事務所通信バックナンバー】

読書のすすめ

 私がこの事務所に入所してすぐに東京飯田橋でTKCの基本講座を3日間受講したことがありました。その中で一番最初の頃の講義で読書についての講話を受けました。その中で「本を数多く読むな、数多く読め」とありました。最初は何のことだかさっぱり分かりませんでしたが、講義が進むにつれ、内容を把握することができました。皆さんはこの意味が分かりましたでしょうか?

 意味としては色々数多くの本を読むのではなく、一冊の本を何回も繰り返して読めということでした。ただ、自分自身それまでにも本を多く読んでいましたが繰り返して読むということをしてはいませんでした。内容を理解するには何度も何度も繰り返し読むということが重要だということが分かりました。TKCにはバイブルのようなものとして基本講座があります。所長からことあるごとに基本講座を何度も読むように指導されてきています。何度も読んではいるつもりですがなかなか自分のものになっていない現実を考えるとまだまだ数が少ないことと痛感しています。どうして、このようなことを思い、ネットワークに書いているかといいますと、東京に住んでいる頃は電車通勤で本を読むという時間がありましたが、こちらでは自動車通勤で余暇も本を読むという習慣が無くなってしまっている自分自身の反省もあるからです。

 先日、出張中に新聞紙上に推薦本の記事に目が止まりました。そこに「不撓不屈」という以前もこの書面で紹介をしたことがあった映画の金融腐敗列島呪縛の原作者である高杉良氏の作品が紹介されていました。この作品はTKC飯塚会長の半生を世に言う「飯塚事件」を中心に描いた経済小説です。国税庁や検察庁との闘いが事細かに描かれており、とても参考になり、こんなに夢中になって本を読んだのは初めてではないかというほどの作品でした。自分自身携わっている業務が作品の中に出てくるので興味があり、夢中になった理由にもなっているとは思いますが、飯塚会長の人となりにも感銘を受け、その方がおつくりになったTKCのシステムを使っているということからだと思います。その中で飯塚会計の行動基準書、基本方針書や飯塚会長の言葉で「一円の取り過ぎた税金もなからしめ、一円の取り足らざる税金もなからしめよ」とあり、自分はどうだろうかと考えさせられました。関与先の皆様のためには自分自身もっと勉強研鑽を積んでいかなければと気づかされ、反省をさせられました。今でもこの本については数多く読んでいます。

 さて、皆様は読書という点ではいかがでしょうか?経営者の方々では業務が多忙でそんな暇はないという方も多いかと思いますが、経済の専門書や業界の専門書、よくある成功者の本など多岐に渡ってお読みになっていただきたい本があります。「不撓不屈」もその中のひとつであります。業界専門書はよくお読みになるのは当たり前ですが、他の業界の本や経済関連の本を読むというのはいろいろと経営に対する参考になるのではないでしょうか?以前もこのネットワークに推薦本を紹介するというのがありました。その中からでもいいですし、本屋に立ち寄ってみて、興味がある本を探してみるというのもいいでしょう。これを機会に本を回数多く読むという習慣をつけるということをお勧めいたします。私自身もご推薦できる本があれば折にふれて、ご紹介をしていきたいと思います。ただ、多くの本を読むのではなく、回数多く読むということが重要です。また、そこから何かが参考になり、低迷経済から脱出する糸口が見えてくればと期待しています。

(2003/02/21・**退職者による記事**)