【事務所通信バックナンバー】

2003年 年頭所感

 税理士の仕事は個人の信頼関係が主であり、誰かにお客さんを紹介していただくことから始まります。私自身顔が広くないので巡回監査を通して現場を知り、現場を知り尽くしお客さんに信用されるようになりました。仕事をみてお客さんがきてくれるようになったのです。  仕事で成果を上げれば仕事が次の『しごと』を呼んでくれる。成果を上げるあげるためには物事の本質をつかむことが必要ではないかと思います。

 資本主義社会は、自由競争と公正な市場の二つから成り立っています。自由競争における最高の価値判断は効率です。これによって私たちは、物の豊かさを得ました。しかしそれと反比例するが如く心の豊かさを失ったのではないでしょうか。

 できない理由を並べるのではなく前向きに考えると自然に前に進みます。「大変だ」ではなく「愉しい、もっと愉しい」と信じて毎日を過ごしたら必ず良い結果がでると信じていこうと思っています。  この会計事務所が何故世の中に存在しているかその使命を認識する必要があります。過去の成功体験は通用しません。自己革新を毎日やって、つねに心中に持っている自らが変われなければ変われるわけがない、と考えます。自分が変わっていかないと事務所も一緒に働いているスタッフも変われる訳がないと思います。

 自己革新とは過去のこれまで自分を支配してきた価値観を壊すことでもあると思います。価値観の低い人間に対してお客さんが信用してくれるか、と考えればそれは明かです。自らが価値観の高い人間にならなくてはいけないと思います。

 顧客の方々に満足していただく仕事をしていくこと、それが究極であるが、みんな満足の度合いが違います。到達するべき自分の理想とかけはなれるときは相手の方に自分の考えを理解していただかなければなりません。説得力を持ち合わせるには自分の生きかたに自信を持ち謙虚にいきたいと考えます。スタッフは運命共同体であるから言うべきことは言い、またそちらからも提言してもらいたい、と考えています。私自身まだ未熟ですが、小さいながら夢が持てる事務所にしたいと思っています。そのためには情熱を持って頑張っていかなければなりません。自分の仕事は天職であり、楽しみながら仕事を突き詰めていければ良いと思います。熱意のない人間に対して人は横をすり抜けてしまうだろうと思います。自らが熱意を持ち、それからもっといい物がないかと創意工夫をもって臨む毎日。2003年の年頭にあたり、そうありたいと肝に銘じています。

 本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

(2003/01/23・荻原秀樹)