【事務所通信バックナンバー】

2002年から2003年へ

 本年も皆様よりご厚情をお寄せいただきましてありがとうございました。平成14年もいろいろなことがありました。引き続きの厳しい経済情勢に頭をいためて、この先どのようにしたらよいか考えこんでしまうこともしばしばです。しかし、こんな時こそ行動をおこさなくてはと今年の当事務所では、自計化推進をテーマにおいて取り組んできました。

 4月に自計化最先端事務所の見学会を行い、その後、(株)TKC山梨情報センターよりシステムコンサルティング・グループの新見さんにご参加いただき、重ねること14回の推進会議を持ちました。各回、真剣に議論を重ね関与先の方のために役立つ実践をしようと頑張ってきました。テーマは自計化でしたが、それはコンピュータを使う、使わないにかかわりのない経理の本質に話題が極まり、この時間の積み重ねの上にこの年末を迎えられたことにある種の充実感を感じています。来年もこの取り組みをより発展させるべく全員で頑張っていきたいと思っています。

 最後にひとつ嬉しいことがありました。荻原会計事務所のホームページを見て、内容がよくわかり充実しているということで、お問い合せをくださった方がいました。私たちは この『NETWORK』、そしてHomepageを通して自分たちの考えていること、取り組んでいることを皆様にお伝えしたいと思っております。事務所というスペースを閉鎖的で固定的なものではなく、開かれたガラス張りの世界にすることで、皆様からのご意見を広くお伺いし、車の両輪のように助け合って業務を遂行していきたいと考えております。皆様よりのご意見が糧になっております。どうぞ2003年もさらなるご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

(2002/12/20・荻原幸子)