【事務所通信バックナンバー】

陰の功労者

 この時期になると、「今年一年お世話になったあの人に感謝の気持ちを込めて…」などとお歳暮のCMや広告などを目にすることが多くなります。担当者個人から関与先の皆様に贈り物をさせていただくことはありませんが、常にそのような気持ちでお付き合いさせていただかなければならないと思っています。

 私たちが皆様の経営のお手伝いをさせていただく一方、私たちも色々な方々のサポートを受けております。FX2・PX2などの自計化ソフトを導入されている企業様は特に良くご存知のように、私たちが税務会計処理を行う上でシステムサポートを受けているのが、株式会社TKCです。皆様にご提供している自計化支援のためのシステムだけでなく、税額計算や決算業務を行うためのシステムから事務所の管理業務に至るものまで、もはやこれらのシステムがなければ円滑な事務所の運営は成り立たないと言って良いほど会計事務所にとって重要な存在です。当事務所を担当していただいているのは、この事務所通信の100号に原稿をお寄せいただいたSCG(システムコンサルティンググループ)の新見さんです。うちのようなわがままな事務所の要求にも迅速に応えてくれますし、様々な情報提供や新しい提案などもしていただいています。私たちが関与先企業の皆様にシステムを通じ、税務会計サービスをご提供できるのもSCGの皆様の力に拠るところが大きいと思います。今年はこの他にも同じTKC会員である静岡の中川先生には事務所を見学させていただき、事務所業務の合理化のヒントをいただきました。関与先企業様のリスクマネジメントには、大同生命・ニッセイ同和といった生損保会社にもサポートをいただいておりますし、金融機関や官公署等の関係諸機関の皆様にも大変お世話になっております。

 ここに挙げた皆様以外に直接お会いすることもない人たち、私たちが全く意識することもないどこかの誰かも、もしかしたらどこかで関わっていて、私たちを支えてくれているのかもしれません。来年も引き続きより多くの皆様からのご支援を得られるよう弛まぬ努力を続けて行きたいと思います。

 では最後に改めて――「今年一年お世話になった皆様、誠に有り難うございました」

(2002/12/20・相原愛紀)