【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年の漢字ということで先日「帰」という文字が選ばれました。これは言わずも知れている北朝鮮拉致問題の生存者の帰国という大きな出来事からきたものだと思います。

 今年はW杯サッカー、タマちゃん騒動、ジャイアンツの圧倒的勝利(ライオンズファンの私としては屈辱的な出来事ですが)ノーベル賞のダブル受賞(サラリーマンの希望の星)などなどこの低迷を続ける景気下ではとても明るい出来事があり、それにあやかって景気も上向けばと期待したもののなかなか底が見えずに苦しみあえいでいる日本の経済情勢です。「帰」という文字から考えましたが、初心に帰(返)える。経営者の皆様、ご自分が会社を設立したとき、事業をおこしたときの事を覚えていらっしゃるでしょうか?希望に満ちあふれ、あれもこれもとチャレンジ精神いっぱいで取り組んでいらっしゃいませんでしたか?経営計画や経営方針の基本がそこにはあったのではないでしょうか?今、中小企業にも経営計画書の作成や経営革新が必要と言われております。

 難しく考えずに創業時代の思いを計画書に書き、実行に移す。初心に帰って、今一度事業の見直しをし、手直しをして、創業時代の元気な姿を目標に経営に取り組んでみてはいかがでしょうか。毎年毎年、中小企業が元氣になれば世の中も良くなると言い続けてきました。そのためのお手伝いを積極的に取り組ませていただきたいと考えております。

(2002/12/20・**退職者による記事**)