【事務所通信バックナンバー】

暮れに思うこと

 私は年末になるといつも考えます。自分の人生のテーマは何かということです。税理士になるまでは、何が何でもと目標をそこにおいていましたが、それ以後のテーマについて何かと考えます。そして、これでいいのかと絶えず内省して一日一日を過ごしています。

 三年後、五年後、十年後何をするべきか、そしてただ無自覚に毎日を生きることがないように自分で発見することにしています。

 常識的なことを継続してやればできると思うけれど、途中で根負けしてしまったら駄目、戦いだと思います。私の読んだ本の中に次のような言葉がありました。

 『親より早く寝るな。親よりも遅く起きるな。親の資産を引き継ぐのではなく、親の流した汗と脂を引き継げ』

 この言葉の中に日本人としての原点を見るような気がしました。質素と勤勉の心を大切にして、また迎え来る2003年も初心に返り頑張っていきたいと思います。

(2002/12/20・荻原秀樹)