【事務所通信バックナンバー】

心をつたえる

 2002年も余すところ一ヶ月となってしまいました。11月現在では、まだいろいろなメディアからも今年がどんな一年だったか、特集も組まれていません。自分が考えてきたこの一年と報道によるこの一年、どのような違いがでてくるか答え合わせのような気持ちで12月を迎えようと思っています。そして2003年はどんな年になるのでしょうか。

 時代は各国の境界を越え、視野は益々グローバルになっていますが、その中でも問題が大きくなっている朝鮮民主主義人民共和国との国交正常化問題、イラクの国連大量破壊兵器査察団による査察問題など国際平和に関する動きもどう進展していくのか、かたずをのんで見守りたいところです。

 国内でも様々な問題をかかえ、2003年も心をひきしめていかなくては、と実感する今日このごろです。

 さて、先日、事務所にとても笑顔のすてきな20代ぐらいの女性が訪問してきて、「○○会社の者ですが、会社の営業案内を持ってきました。お読みいただければ嬉しいです。」といって去りました。この案内をみると設備工事関係の会社で、『どんなささいなことでも「○○(社名)」は、迅速に対応いたします』と書かれています。業務案内をみるとこんなことも頼めるのか、とよくわかる内容であり、また、取り扱い品目もメーカー毎に丁寧に記載されています。

 訪問した女性のさわやかさ。そういえばこの会社がこの近辺の設備工事をしていた時に事務所から見えた作業風景でも、社員の方々はとてもきびきびしていて、礼儀正しかったことを思い起こし、そんなことからもこの業務案内に溢れる「会社一丸となってお客様の為に取り組む」という姿勢が本物であることを実感しました。

 私は、この2枚のA4サイズ白黒印刷の紙から多くのメッセージを受け取りました。心を込めて相手に伝える、ということです。合理化が進んだこの時代にあってこそ、自分の心、相手のためになることを一生懸命やろうという心こそは、惜しみなく積極的に自分の言葉で伝えるべきであるということを。

 私どもの事務所でも謙虚な気持ちを持ち、自分達が関与先の方の為になる仕事をするためにはどうしたらよいか、考え続けていきたいと思います。今までもみんなで真剣にとりくんできたつもりではありますが、もう一度初心にかえり、本当に皆様のお役に立てる事務所作りをすすめていきたいと思っております。

(2002/11/22・荻原幸子)