【事務所通信バックナンバー】

健康第一

 私も30代半ばになり、ここ最近、感じることがあります。それは、親戚や知り合いが病気やケガで入院、手術する方が年々増えていくことです。自分自身が歳をとっていっているので仕方のないこととは思いますが、小さい頃によく遊びに連れていってくれたりと楽しい思い出を作っていただいた方が病気で床に伏せているという現実を思うと寂しい気持ちとなります。まわりの家族や親戚は看病等でたいへんな状態になってしまうというのも現実です。

 では、一企業に家族を置き換えてみたらどうでしょうか?同じように会社もたいへんなこととなりかねません。ましてや、経営者などが病気で入院となったらいろいろなところで問題が発生することでしょう。企業の繁栄には経営革新なども必要ですが第一に経営をしていく経営者の健康も必要です。従業員の方々は定期的に健康診断を受けているが経営者の方は忙しく時間がとれないなどで受けていないケースが見受けられます。まずは経営者自らが先頭に立って定期検診を受けていくという環境づくりが必要でしょう。社会保険事務所からも定期検診の書類が定期的に郵送されてきておりますし、市町村での定期検診もあります。

 ぜひとも、経営者の方々、これを読んでご自分が定期検診等を受けていないということであれば、早速、受けてみて下さい。“健康第一”これも経営課題の一つです。

(2002/10/23・**退職者による記事**)