【事務所通信バックナンバー】

FX2ユーザーの声―その2

 4月号でも掲載しました「FX2ユーザーの声」。今回はその第2弾です。


 弊社は飲食店、インテリア雑貨店、デザイン事務所の3部門から成り、パート、アルバイトの総勢14人で稼動している会社です。飲食店は以前より営業していましたが、その飲食店を吸収し3部門の会社として立ち上げたのが平成11年2月、インテリア雑貨店、デザイン事務所の稼動が平成13年7月。それらの経理は全て手入力処理で行っていました。そんな中、経理で本格的にFX2導入を行ったのが同年11月。当初経理担当者は同年1月に入社したため、経理内容の把握に時間がかかり、また、パソコンの経験が全くなく、パソコンの操作そのものを覚えることから始まりました。このため、手作業で会計日記をつけるかたわら、FX2の入力方法を覚えるという、かなり本人にとっても厳しい状況でした。けれども、会計事務所の担当の方の親切丁寧でとてもわかりやすい指導とおおらかな人柄で、どんな些細なことでも臆せず質問でき、また、迅速に対応してくださるので安心して監査を受けることができるようになりました(経理担当の弁)。 

 FX2導入に際し、最大のメリットは、それまで毎日していた手作業の処理が、1週間分を2日(約12時間)で処理することができ、時間の大幅な短縮を行うことができました。また、間違って入力した個所も容易に判明でき、現金残高の照合、給与の仕訳も以前と比較するとかなり容易に行うことができ、さらに、勘定科目毎になっているため、一目で経理内容が把握できるようになりました。このように、FX2導入は弊社にとって、経理処理の大幅な時短、経費節減におおいに貢献しました。なお、なんらかの原因でパソコンが動かなくなってしまった場合、パソコンの知識が乏しいものには大事で困ってしまうことがあるのが悩みでしょうか。

 PX2導入は平成12年後半ですが、それまでは手作業で、知識のあるものにしか処理ができなかった給与計算が、専門知識のないものでも操作を覚えれば処理することができるようになったのが最大のメリットです。弊社の場合、パート、アルバイトの時間帯が複雑なため、初期設定が苦労しましたが、それさえクリアできれば後は自動計算してくれるため、人為的ミスがなく迅速かつ正確なため、時短およびコスト削減に大いに役立っています。

 このように、PX2、FX2導入は弊社にとり、まさに画期的に時短、コスト削減の立役者となっているのは言うまでもありません。また、会計事務所のサポートもかなり密なため安心して使用しています。


 こちらの企業様は毎日現金の入出金が発生するため、ひとつひとつの取引の金額は少額であっても取引数はかなり多く、ひと月で400を超える仕訳を起こさなければならないこともあります。部門も3部門あり、そのうちの一つはほぼ年中無休で営業されていますし、経理担当者が一人では間に合わないのではないかと考えた事もありました。しかし、法人設立以前より経理に対して前向きに取り組む姿勢をお持ちで、法人設立後もその姿勢を変えることなく取り組んで来られたため、今では一人の担当者でも無理なく経理業務が遂行できる状態になっています。基本的に取引が発生してから遅くても数日内には、それらの経理処理が完了できる体制を築いておられるので、監査も毎月10日前後と、比較的早いうちに伺うことができます。400もの仕訳を一気に処理しようと考えると大変な事ですが、1日当たりで考えれば10仕訳程度。これなら日々処理を進めていけば、担当者が一人でも決して無理な仕事ではありません。また「仕訳辞書」機能を有効利用し、あらゆる取引パターンを登録してあるため、入力作業も軽減されています。

 「溜め込まず、その都度処理を」―これがなかなか出来ないのですが、一旦軌道に乗ってしまえば、むしろその方が早くてしかも楽であるということを実感していただけると思います。経理処理がちょっとしたことで止まらないように、何かあれば遠慮なくお問い合わせいただけるように体制も整えております。パソコンを触ったことがない、経理事務の経験がない、という方でも順を追って少しずつ覚えれば必ずできるようになります。今後もTKCの自計化システムを通じて、皆様により良いご提案ができれば、と考えております。

 末筆となりましたが、今回の原稿をお寄せいただいた企業様に改めて感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

(2002/10/23・相原愛紀)