【事務所通信バックナンバー】

NETWORKを発行して

 皆様、いつもお忙しい中、私どもの事務所通信をお読みくださいましてありがとうございます。100号続けて発行してこられたことをたいへん嬉しく思っています。最初発行した頃は、読んでいただけるかどうか不安に思いながらの発行でしたが、たとえ一人でも読んでくださる方があるのなら続けようと考えて今までやってきました。総務という立場であまり関与先の方にお会いする機会も少ないのですが、監査担当者や所長づてに皆様よりの感想をお聞きするのが楽しみです。また、皆様よりのご投稿をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

 この機会に今までの号をふりかえってみました。

■手元に昭和63年11月発行の3号が…
 一番最初の発行はいつだったのか今では記録にみあたりません。3号は手書き。4号が、年代は少し飛び、平成6年6月発行。ワードプロセッサーによるもので、このふたつは印刷物として手元に残っています。5号からは、ワープロソフト『一太郎』により作成し、ここから連続で毎月発行するようになりました。

■便利なデータベース
 この原稿をまとめるのに過去の『NETWORK』を探してみたのですが、かなり時間をかけないと見つからない気配。しかし、5号より後の物は事務所のデータベース、共有文書のネットワークホルダーの中に格納されていて、簡単な操作で閲覧することができます。平成10年4月事務所内LAN導入。すべてのコンピュータがネットワークでつながるようになりました。その時点で今までフロッピーディスクに保存していたものをこのデータベースに移し替え、過去の物の検索も楽になりました。

■原稿を書くということ
 原稿を書くのには時間もかかり、なかなか筆がすすまない時もありますが、私たちは終始一貫、関与先の方々のご発展を願って、その時々の時流にあわせて今一番必要と思われることを記事にしてきました。書くという作業で、自分自身を客観的にふりかえることができますし、また、同じ仲間がどういう考えをもって日々行動しているのか、など会話の中では拾えないようなものを感じることができます。これはチームワークにもつながり『NETWORK』を続けてきた一番の財産といえるかもしれません。

■100号をふりかえって
 100号をふりかえってみると、本当にいろいろな世相が写しだされます。そして私たちの取り組みの歴史も浮かびあがってきます。起票セミナーなどを通じての初期段階の方へのご指導、経営者セミナー、経営分析表の見方、自計化セミナーなどの取り組み。企業防衛、リスクマネジメント。IT関連等々。また、継続MAS、書面添付など巡回監査を通して取り組んできたこれらのことが、螺旋状に時と共に積み重なり、足跡となってきたという思いがあります。101号からまた、新しい気持ちで関与先の方のご繁栄のためよりよい『NETWORK』を発行していきたいと思っております。また、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申しあげます。

(2002/09/20・荻原幸子)