【事務所通信バックナンバー】

日経平均

 先日、日経平均株価がバブル前の昭和59年時代の金額まで下落しました。日経平均株価というものはいろいろな経済活動に大きく影響を及ぼすことはご存じだと思います。今後考えられる影響は大きなものとしては銀行等が保有している株式の評価が下がることによる資産の減少。そこから自己資本比率低下による貸出金の圧縮。いわゆる、貸し渋りや貸し剥がしという状況が更に進むのではないかということがあります。事業、会社の大小関わらず経済活動を行う上で多かれ少なかれ金融機関から融資を受けて、事業、会社を運営しているというのが現状でしょう。売上金を手形で受けて割引するのもしかり、買掛金の決済、賞与支払、納税資金のため融資を受けているという企業は大半だと思います。そのような通常今まで何の問題も無く繰り返された融資という取引が貸し渋りや貸し剥がしによって受けられなくなるということとなるかも知れません。結果、事業、会社の運営が困難になっていく可能性もあります。事業、会社の体質改善、強化は今後の大きな課題となっていくと思います。

 ところで日経平均株価が昭和59年時代に戻ってしまった。極端な話ですが日経平均株価は日本経済の実態値を表しているともいわれています。色々な物の評価や実体値が昭和59年時代に戻ったとも取れます。ハンバーガーが一個59円。バブル絶頂時代や好景気時代には考えられなかった価格でものが売り出されています。59という数値も偶然かも知れませんが何か考えさせられる数字です。100円ショップであんな物からこんな物まで揃う。中国製品の台頭というのも理由の一つかも知れませんが日本経済自体、評価、価格という点でバブル以前に戻りつつあるのではないでしょうか?そこで、処理を進めていかなければならない事項を私なりに考えてみました。貸借対照表上で評価、数値が実体値とともに下がっていかない科目があります。それは負債科目である借入金や社債という勘定です。私自身もおかげさまで昨年、自宅を新築することが出来ました。預金取り崩しで手当てした部分もありましたが大半がローン(借入)です。仮に自宅の建築価格が二千万。ローンも二千万。土地や建物など評価がバブル以前に戻っているという状態を考えると新築一年でも私の自宅の評価はいくらぐらいになるでしょうか?当然、建築した価格よりものすごく下がっていると考えられます。反面、借入残高はどうでしょうか?土地建物の評価が下がっていても残高はそのままです。それを考えたらぞっとするのですが頑張ってコツコツ返すしかありません。個人の借金はコツコツ返済とは出来るかも知れませが事業、会社の経営ではどうでしょうか?売上が減少、キャッシュインは確実に減少していくと思います。返済に充てるキャッシュアウトは多少減少はしていくでしょうがそれほどでもない。今後、経営者の苦悩はこのことに集中すると思います。ではどうするか?簡単なようで難しい問題です。借入金の圧縮は急務ではないでしょうか?借金は増やさない。借入残の圧縮のため遊休・不要資産は早めに処分し、返済に充てる。リースやレンタルでまかなえる資産は極力持たない。不要在庫や不良在庫は何とか処分し現金化する。目的預金以外の積立はやめ返済にまわす。ほかそれぞれの企業でいろいろと対応はあるかと思います。事業体質の改善、強化により、限界利益の改善、固定費の圧縮等により黒字経営を目指す。税金を支払っても残金を内部留保出来るようにする。キャッシュアウト項目を一つ一つ確実に見直していくことがとても重要なこことなっていくと思います。

 今回のネットワークは100号というものです。私もネットワークに原稿を書くようになって8年以上が経ちました。当初は景気もそこそこ良く、こんな時代が来るとは夢にも思いませんでしたし、今、低迷した景気がこれほど長く続くとも思いませんでした。しかし、この状況が逆にチャンスかも知れません。会計事務所はもとより、私自身も努力し、関与先企業様のため、より多くのよりためになるアドバイスが出来るように頑張ります。共に元氣を出して、前向きにこの苦境を乗り切れるようしていきましょう。そのためにも会計事務所を大いに利用してください。また、早めの確実な月次巡回監査、業績検討等、自計化は重要です。

(2002/09/20・**退職者による記事**)