【事務所通信バックナンバー】

TKCより祝言

 いつも、荻原会計事務所様を通じてお世話になっております。

 今回、荻原会計事務所様が関与先企業様にだけ発行している事務所通信「NETWORK」創刊100号記念ということで、このように長きに渡って愛されてきたのもひとえに企業様の事務所様に対する厚い信頼の現れではないかと思います。

 企業様は私どもTKCと直接お会いすることは稀でございますが、私どもTKCは事務所様が毎月、企業様に訪問することと同じように、毎月必ず荻原会計様に訪問し、事務所の運営を行っていく上でお役に立てる様な情報提供を行っております。

 さて、昨今、戦後最悪の不景気にあえいでいる日本経済。その日本経済を国内から元気にしていこうと思い、TKCは日々奔走しております。

 その一環として昨年の4月から、テレビCMを開始。更に、高杉良氏執筆による『不撓不屈(ふとうふくつ)』のリリース(ただいまベストセラー中)。これらの活動を通じて、TKCはTKC会員事務所様の関与先企業様に我々の理念をお知り置きいただきたく存じております。その理念は常に『会計事務所の職域防衛と運命打開』を念頭に置き、関与先企業様の永続的な発展をお手伝いさせていただくことにあります。つまり、TKC会員事務所様にご発展いただき、TKC会員事務所様と共に、関与先企業様の発展に寄与していこうということです。

 さて、TKCの今後のキーワードは「経営革新」。すなわち、「経営革新支援法」にもとづいて社長さんに経営を見直していただき、結果として、既存のやり方ではなくこれまでにない新しい考え方、新しい観念を打ち出し、今以上の価値を生み出していただこうというものです。

 これまでの伝票を起こし、試算表や申告書を作成するだけの業務ではなく、取引記録(すなわち伝票や帳票)をもとに企業の価値、外部からの信頼を高めるお手伝いを行っていくという業務。どちらが経営革新をお手伝いできるかは、もうおわかりだと思います。後者の会計事務所をご支援差し上げているのが我々TKCであり、それを実践されているのがTKC会員事務所様なのです。TKC会員事務所である荻原会計事務所様を通じて今後もとご支援させていただく存じます。

 末筆ながら、関与先企業様の益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

(2002/09/20・※当時のTKC担当者より寄稿していただきました)