【事務所通信バックナンバー】

経営者の苦悩

 この世の中に悩みのない人などいないでしょうが、経営者の抱えている悩みは人一倍大きいものであると思います。時には先頭に立って旗を振り、舵を取る。ある時は一歩下がって全体を見渡したり、またある時はあえて悪役を演じなければならない時もあるでしょう。そんな経営者の皆様の後押しをさせていただくのも、会計事務所の大事な仕事だと思っています。「経営助言」―読んで字の如く、皆様の企業経営について(会計税務を通して)ご助言申し上げる―このことがいかに難しい事であるか改めて思い知らされています。

 監査担当者がさせていただいているお話は、どれくらいお役に立っているでしょうか。できるだけ経営者の皆様と同じ視点に立ってお話しするよう心がけてはいるつもりですが、そこは私達も雇われている身。頭では分かっているつもりでも、果たしてどこまで実感を伴ったものになっているのか、ふと不安が頭をよぎることもあります。それでも以前に比べると随分色々な事をお話ししていただけるようになりました。「相原さん、これはどうしたらいい?」「訊きたいことがあるんだけど」といったような相談から会社経営の苦労話まで。そんなときは担当者冥利に尽きるというか、少しは信頼をお寄せいただけるようになったんだな、と喜びもひとしおです。

 もっともっと色々なことをご相談下さい。時には愚痴だって構いません。解決できることもあれば、そうでないものもあるでしょう。それでも言葉という形にして発散していただくことだけでもかなり違うと思うのです。会計事務所を単なる税務代理としてだけでなく、是非そんな使い方もしてみて下さい。以前にもこの紙面で「聴く」ことが会計事務所の仕事だ、と書いたことがあります。皆様のお話を聴くことで、その苦悩を少しでも分かち合うことができれば、それこそが我々会計事務所にとっては「喜び」なのです。

(2002/08/21・相原愛紀)