【事務所通信バックナンバー】

21世紀に才能ある人間を活躍させる自由社会を

 21世紀に入り組織と個人のあり方というものが、大きな変化をとげつつあると思います。日本だけではなくアメリカでも80年代ぐらいまでは組織の時代であったと思います。大企業組織の時代と言われていたのです。テクノロジーの新たな可能性を示し始めた時に、今度は個人の創造能力というものが必要になってきました。オーケストラのようにガチッと楽譜が決まっていて、逸脱する余地がほとんどないような形態によるビジネスが主流である状況を大企業の時代だとすると、ジャズのセッションの時代です。やる気のある人たちが一緒になって、それこそ乗りで演奏する。ピアノがメロディを奏でたら、今度はサキソフォンがそれに合わせるという即興演奏のような形態です。

 要するにお互いに刺激しあって、もっとおもしろいものをどんどん創造することです。日本でいえば連歌のようなもので、誰かが上の句を言うと、即興で下の句をつくる。これで新しい歌が創られるわけです。これこそイノベーションの源泉だと思うのですが、いままさにこのような時代に入ってきたのではないでしょうか。そういう意味では、個人がその気になって動きだすと大きなことができる可能性のある時代と言えるでしょう。しかも、個人としての潜在能力を発揮できるような立場に立った人は、今までの常識では考えられないような成功を収めるというような例が、これからも数多く出てくることになるでしょう。ただ、それでは、知恵のある人間が栄えて、知恵のない人間が滅びるではないか、いわばアメリカ社会のような弱肉強食ではないかと言うことです。この考えだと本当にやる気があって才能あるものでも報酬は程ほどにしておくべきだという考えかたはおかしいと思います。たとえば、5パーセントの人が才能を開花させて大きく羽ばたいたとしましょう。確かにその人たちは報われて豊かになるかもしれませんが、その人たちがもたらす付加価値は社会全体に行き渡ることになるのです。逆に頑張っても救われない悪平等社会では、こういうすごい人達は出てこないのです。能力のある人達が払ってくれた税金で、普通の人達をもっと豊にしていくことができるのです。

 競争やインセンティブを否定してしまったら、それは社会主義の国です。もう誰も動かなくなってしまいます。頑張っても大して報われないと同時に、頑張らなくてもみんなある種の保証を与えられていると、自分がイノベーターにならなくなってしまうのです。日本経済が低迷してきたもっとも大きな原因がここにあると思います。今まさに500年に一度の大チャンスのときです。

(2002/08/21・荻原秀樹)