【事務所通信バックナンバー】

e-ジャパン構想

 先日会計事務所教育用のテープを聴いていたのですが、その講師の方が大会計事務所では経営が成り立たないところが増えていると話をしていました。豊かな時代に育った若い人が職場で1年以内に1/3が辞めるといっていました。また先進事務所訪問で沼津の会計事務所を訪問させていただきましたが2年間に7名ほど退職したと話していました。

 最近読んだ本でも今大変な人手不足の時代を迎えたとありました。不況で求職人口は増えているのですが、中小企業経営は厳しさを増す一方の中、自分の給料も働きだしてくれない人に給料を払うことはできない、より良き人材を、と考えると人手不足になってしまうということです。中小企業経営の中で給料を支払うことは大変なことです。経営者は日夜悩んでいることと思います。

 e−ジャパン構想では2005年までにネットワーク化する構想があります。我々は会計に係わる分野の一翼をになっていると思っています。当事務所では企業の経理部門のお手伝いとして今まで人手に頼ってきた業務をパソコンですることにより、合理化を図ることをめざしています。時間短縮、経理システムの確立、集中業務の分散、経費削減などその効果を実感していただけると思います。

 私共も日々研鑽を積んでおります。どんなことでも結構です。親身になってご相談にのりたいと思っています。

(2002/07/19・荻原秀樹)