【事務所通信バックナンバー】

経理の向こう側とこちら側

 ここ何年かで、企業を取り巻く環境は大きく変化してきました。経理においてもそれは例外ではありません。例えば請求業務一つとっても、以前は手書きで請求書を作成し、それを売掛金集計表にまとめ、そこから会計伝票を起こす、といった具合でした。転記・計算が人の手で何度も繰り返されますので、間違いも起こりやすく、そのため各帳簿で数字が相違してしまっているという状態もよく見受けられました。その修正のために数字を見直し、電卓を叩き…と、手間ばかりかかる作業に苛立ちを覚えた方も少なくないと思います。ところが今はどうでしょう。パソコンの普及によって、経理の態様も大きく変わりました。請求書を作成すると、それらの金額は自動集計され、起票すべき伝票さえも自動作成してくれる。集計や転記といった単純作業は、人間が行う必要はなくなってしまいました。

 私が事務所に入所した頃は、漠然とこう考えていました。出納帳の記帳や請求書の発行は企業の仕事、それらの帳簿を監査し、それを元に財務諸表を作るのが会計事務所の仕事。特に深く考えもせず、そういうものだと思っていました。しかし今ではそんな線引きはなくなってしまいました。FX2を導入いただいている皆様は既にお分かりのことと思いますが、伝票の起票さえしてしまえば、実質的に財務諸表まで完成してしまいます。以前は企業と会計事務所で分業していた作業が、一つのものに集約されてしまったのです。「じゃあ、会計事務所はやることがないじゃないか」という声も聞こえて来そうですが、決してそんなことはありません。やはり会計監査は必要ですし、申告書を作成するのも会計事務所の重要な業務です。しかし我々もそれだけやっていればいいと考えているわけではありません。経営数値を見てのアドバイス、経営計画策定のお手伝い等、プラスアルファのサービスを提供していきたいと考えています。

 そんな中で最近私が考えているのは、皆様の経理の体制についてもご助言申し上げられないかということです。上述したとおり、経理の現場のことは企業様毎にそれぞれのやり方があるし、お任せしておけば良いだろうという考えがどこかにあったのですが、実際に経理にパソコンを導入してみると、必ずしも今までのやり方が通用しなくなる場合が出てきます。複数の手順が一つに集約されることで、今までの方法では二度手間になってしまったり、それまでは必要だったことも不要になったりと、体制そのものを変える必然に迫られることになるのです。さらにこれをより積極的に進めれば「合理化」ということになります。現金の出納事務などは案外面倒なものですが、状況によってはそもそも現金勘定を使わなくてもよいというくらいに体制を改めることも可能です。

 経理業務は経営管理の最たるものです。我々も「経理のプロ」として、皆様の経営管理にお力添えができないかと日々考えています。面倒な経理をより簡単に、それでいて正確に、さらには経営の羅針盤として役立てていただけるよう常に新しい提案をしていきたいと思います。皆様方からの忌憚ないご意見もお待ちしております。

(2002/07/19・相原愛紀)