【事務所通信バックナンバー】

企業の日々にコンピュータを取り入れる

 四月の自計化最先端事務所見学会を再スタート地点として、「各事業所にて、自らしっかり経理をし、コンピュータに入力、最新計算結果をすぐさま確認、今後の業況の変化に素早く対応していく――自計化推進」というプロセスに力をいれています。

 あれから二ケ月、私たちの事務所でも定期的に推進会議を開いて、導入がうまくいくように話し合いを重ねています。

 コンピュータを日常の中に取り入れることがあたりまえになっている現代社会の中では、自計化システム導入に理解を示してくださる方が多く、企業の皆様のお考えで合理化を図るために導入を決定していただいているケースが増え、私たちもたいへんやりがいを感じています。また一方で、もし障害となるものがあるとすれば、それは何か、どうすれば乗り越えられるかを真剣に協議する毎日です。

 中には、「会計事務所がやるべきことをなぜうちでやるのか」という素朴な疑問をお持ちの方もいらっしゃるようです。それは入力作業をさしているのでしょうか。しかし、ゲーム、インターネットを軽くこなす世代の方たちからはこのような反応はなく、逆になぜ、手書きでこのようにめんどうな伝票書きをしなくてはならないのか、過去のデータを探し出すにもひと苦労、やはり経理はコンピュータ以外考えられないとスムーズに導入を決めていただいております。

 さて、問題のこの『会計事務所がやること』ですが、起票指導や勘定科目、消費税の課税区分の正否、残高の突合、このような段階で、結構時間がかかってしまいます。しかし、それがコンピュータ処理によれば、あまり時間がかからないのです。コンピュータの中に各企業ごとのひな形があり、そこに新しい数字を入れることで完結するともいえる入力作業によれば、起票の間違いもぐっと少なくなります。そのあいた時間で、監査担当者は企業経営にかかわる多くのお話をお伺いすることができ、こちらからもご助言申し上げ、また、宿題としても持ち帰ることができるのです。何よりも数日後に試算表が届くのに較べその場で画面にて業績を確認できるところに大きな意義があります。次元の高いところへ昇っていく、まさに自計化によりそんな状況が生み出されます。

 e−ジャパン戦略の一環として平成15年には「総合行政ネットワーク」の普及により電子行政サービスが開始されます。住民票や印鑑証明をとったりするのは案外時間と手間がかかるものですが、それが家にいながらにして?――早く詳細が知りたいところです。このようにだんだん世の中が変化していく中で、乗り遅れてはたいへん。「事業所内に一台もコンピュータが無い」という方は、是非お考えいただきたいと思います。自計化し、インターネットやEメールの環境も整え、新しい時代に対応していく、まさに秒読みの時代となりました。そのためのお手伝いを『会計事務所のやること』ととらえ、日々研鑽を積んでいきたいと考えています。

(2002/06/20・荻原幸子)