【事務所通信バックナンバー】

経営計画

 企業活動を円滑に進めていく上で、少なからず金融機関から日々の決済資金などの運転資金や設備充実のための設備資金を借り入れることがあると思います。私が以前銀行に勤務していた時代はバブルの絶頂期、融資の決定条件としてはまずは担保。土地や有価証券等の担保評価により、融資を実行していました。バブル時代というのは株価も現在とは大きく違い高い水準で推移しており、土地についても右肩上がりを続けていた時代です。土地、有価証券が担保であれば確実に融資を受けられた時代でもありました。しかし、現在はどうでしょうか?関与先の経営者の方が金融機関に融資を申し込んだ際、融資金の使途は何なのかは当然聞かれると思いますが、以前のように担保は何ですかとはすぐに聞かれないと思います。決算書を見せていただき、決算日から半年くらい過ぎていれば直近の試算表の提示を求められると思います。次に融資金の使途によっては経営計画書等の提示を求められ、最後に担保はという流れになるのではないかと思います。何度かこのネットワークや監査の際に、経営計画書や経営改善計画書のお話をしてきたと思います。各金融機関においては各企業の格付けがされております。ますます混沌とするこの景気下、企業格付けがより一層厳しさを増してきています。

 また、関与先企業の経営者の方々の悩みとしましては、このままの状態で企業の存続繁栄はあるのだろうかというところではないでしょうか。

 上記、両者を解消するにはやはり、目標や目的となるべく経営計画書や経営改善計画書の作成にあるのではないでしょうか?個人の人生設計・計画はどなたも頭の中には描かれているでしょうが、実際に書面や図にしてみたことはあるでしょうか?企業も同じことで、計画や目標を書面や図にすることが経営計画書であり、経営改善計画書なのです。

 中小企業の経営計画の定義としましては経営者等の決意を宣言し、それを具現化したもの。目的としましては内部としては経営者等のビジョンを具体的に示し、全社をあげてその実行と、到達すべき結果を明らかにするもの。外部的には金融機関等に対し、その企業の将来性をディスクローズするもの。金融機関等が、その計画の内容及び実現可能性を審査するもの。(TKC全国会冊子より)

 決して難しいものではありません。ましてや月次巡回監査をきちんと受けられ、会計事務所が内容を把握していればお手伝いができます。計画や目標等でお悩みの経営者の方々、一度会計事務所に相談してみて下さい。また、全関与先の経営者の方々、経営計画書など一度ご一緒に作成してはみませんか?お気軽にご相談下さい。

  • 目標のない者に計画はない。
  • 計画のない者に行動はない。
  • 行動のない者に成果はない。
  • 成果の後の反省がない者には新たな目標は生まれない。
TKC全国会冊子より

 おかげさまで先月11日に独身生活に別れを告げ、結婚いたしました。今まで多くの方にご心配や励ましを頂き、また、お祝いのお言葉等を多数頂き誠にありがとうございました。これを機になお一層の自己研鑽に励み、関与先様繁栄の一助となれるよう努力して参ります。今後ともよろしくおねがいいたします。この書面をお借りしましてご報告とお礼のご挨拶をさせていただきます。

(2002/06/20・**退職者による記事**)